ダウントン・アビーとハイクレア城について

「ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館」というイギリスのドラマをご存知でしょうか。

NHK総合で毎週日曜日の夜11時から放送されています。

20世紀初めの頃の英国貴族の邸宅、ダウントン・アビーを舞台として伯爵一家とその使用人たちの人間ドラマです。

下の写真の背景に写っているのがダウントン・アビーです。

ダウントン・アビー
Photo by See-ming Lee

最近の日本のドラマとは異なり、本物の貴族の邸宅でロケをしたり、時代設定に応じた衣装、調度品、車などが本格的に再現されていることもあり、日本だけではなく世界的なヒットになっています。

私も毎週ダウントン・アビーを楽しく見ています。

さて、ドラマは主に、ダウントン・アビーという邸宅というかお城というかいわゆるカントリーハウスの中で展開していますが、このカントリーハウスは、実在のハイクレア城です。

ロンドンから西の方100kmくらいのバークシャー州(Berkshire)ニューベリー(Newbury)にあります。

ハイクレア城は、ダウントン・アビーの世界的なヒットにより、一大観光地になるはずですが、実はそうでもないのです。

というのも、ハイクレア城には現役のカーナヴォン伯爵が住んでおり、観光客の開放は1年間にに2ヶ月ほどです。

その上、入場チケットはネットの予約制で、すでに2015年のチケットは売切れており、当日券もあるにはあるようですが枚数が少なくほとんど絶望的のようです。

こういう状況ですから、ハイクレア城にはほとんど行けるチャンスがありません。

クリスタル・クルーズのオプショナルツアーでハイクレア城や撮影場所を巡る

しかし、日本人好みの洗練されているサービスで定評がある「クリスタル・クルーズ」では、ダウントン・アビーに描かれている世界を実際に体験できるオプショナルツアーが用意されています。

そのオプショナルツアーが利用できるクルーズコースは次の通りです。コース名をクリックすると、問合せや予約もできます。

コース名
クリスタル・シンフォニー号で行く アイスランド・北欧クルーズ 18泊19日 -レイキャビック発ロンドン着-
出発日 泊数 発着港 行程 料金・備考
2015年 7/8 18泊19日 レイキャビク発
ロンドン着
Reykjavik Akureyri Cruise Norwegian Sea Norwegian Coastal Cruising Cruising by Archangel Cruise White Sea Solovetski Islands Cruise Coast of Russia Murmansk Honningsvag Leknes Bodo Narvik Norwegian Coastal Cruising Geiranger Hjorundfjord Bergen Cruise North Sea Dover 8435$~

2泊3日 英国の田園風景とハイクレア城ツアー

普通は、ショアーエクスカーション、つまりオプショナルツアーはクルーズ中の寄港地で行われるもので、乗船地または下船地では実施されません。

しかし、このダウントン・アビーツアーは、ドーバー・ロンドンで下船後に行われるという珍しいものです。

◯ 2泊3日の英国の田園風景とハイクレア城ツアー

  • 1920年代のビンテージ車でハイクレア城を訪問します。
  • ハイクレア城でのプライベートシャンパンレセプションがあります。
  • ハイクレア城の広い敷地内にあるダウントン・アビーの撮影場所見学ツアーがあります。
  • グランサム一家のクリスマスパーティシーンが撮影されたバジルトン・パークを訪問します。
  • グランサム家の三女、シビルが運転手ブランソンとの駆け落ちシーンが撮影されたスワン・インを訪問します。
  • 実在するマナーハウスでバイオレットの邸宅として使用されたバイフリート・マナーで当時の衣装のままのホストが給仕するランチをいただきます。
  • 劇中、ダウントン村として撮影されたバンプトン村を訪問します。
  • 宿泊先は、伝統的な英国式マナーハウスですが、現代のラグジュアリーさを誇るフォーシーズンズホテルハンプシャーです。

20世紀初頭の頃の英国貴族の豪華さを堪能できるツアーです。

ハイクレア城 Highclere Castle
ハイクレア城 Photo by Kevin Oliver

ダウントン・アビーのファンだけでなく、歴史や英国が好きな方にもうってつけです。

それよりも、クリスタル・クルーズを利用する高級志向の方にも魅力的なオプショナルツアーです。

ただし、料金はビックリするくらいの額ですので普通の庶民には夢のまた夢の世界でしょう。

旅行会社のバスツアー等でハイクレア城に行く

クリスタル・クルーズのオプショナルツアーに手が届かないダウントン・アビーファンが、現実的にハイクレア城に行く手段は、旅行会社等が主催するバスツアーなどに参加することです。

ダウントン・アビーの世界的な大ヒットがあるので、当然旅行会社もこの機会を逃さないようにと様々なバスツアーを用意しています。

何と言っても心配せずに参加できるのは、日本語ガイド付きバスツアーです。

VELTRA ダウントン・アビー関係のバスツアー

しかし、VELTA社のバスツアーは、残念な事にいずれのバスツアーもダウントン・アビーのロケ地を訪問しますが、ハイクレア城自体には行きません。

それでも、ドラマではダウントン村と設定されている「バンプトン村」や侍従ベイツが働いていたパブがある村などには行きますのでダウントン・アビーの世界を垣間見ることはできるでしょう。

イギリス系旅行会社のバスツアーでも可能性があります。

当然ですが、地元イギリス系のバスツアーもダウントン・アビー関係のバスツアーを取り揃えています。

バスツアー英語で申し込まなければならないので、ちょっと敷居は高いのですが、さすがにどういうわけか地元の旅行会社にはハイクレア城に行くツアーがいくつか準備されています。

しかし、ハイクレア城が基本的には、観光客に全面的な開放をしていないのでチケットはすでに予約満杯で取れないかもしれません。

The Wayfares

P AND P TOURS