2015年6月13日から6月16日まで、クイーン・エリザベスでサウサンプトン発着、英領ガーンジー島を周遊するショートクルーズに乗船しました。
出港してから2日目の6月14日、メインダイニングのブリタニアレストランで朝食を終えて船内をぶらぶら探索していました。

10時半を過ぎて、小腹がすいてきたのでデッキ9にあるビュッフェレストランのリドレストランに行ってみました。

クルーズ船では、朝、昼、晩の3食はもちろん、その他の時間でも原則、飲食は無料です。
無料というよりも、クルーズ代金にそれらの代金は含まれているのです。
ただし、アルコール類やベランダなどの特別レストランは有料となります。

原則、飲食は船内ならば何時でもどこでもタダというのはクルーズの大きな魅力の一つです。
お腹が空けばチョコっとおやつ、人と知り合いになりお話の場としてケーキで喫茶しても全部タダ。

クイーン・エリザベスでは、午後3時過ぎには本格的なアフタヌーンティがあり、サンドイッチ、ケーキ、スコーンそしてミルクティーも全部無料です。

クイーン・エリザベスの船内では、おやつ・軽食がいただける場所は次の通りです。
一部有料となる場合もあります。

施設名 内容 デッキ
リド・レストラン Lido Restaurant ビュッフェレストラン デッキ9
リド・プール・グリル Lido Pool Grill ハンバーガー、ホットドッグ デッキ9
カフェ・カリンシア Cafe Carinthia カフェ デッキ2
コモドアー・クラブ Commodore Club バー&カフェ デッキ10
ガーデン・ラウンジ The Garden Lounge サンルーム、ラウンジ デッキ9

さて、デッキ9のリド・レストランです。

ここは、基本的にはビュッフェレストランで、食べ物や飲み物は、ビュッフェカウンターから自分でトレイに取り、空いているテーブルに持っていっていただきます。

飲み物の紅茶やコーヒーは通りがかったウェイターに頼めば持ってきてくれます。

ビュッフェカウンターには、スイーツやパンなどもあり、私はタルトと果物のコンポートを取りました。

あと、ミルクとオレンジジュースなどをチョイスしました。

クイーン・エリザベスのおやつ・軽食
クイーン・エリザベスのおやつ・軽食

リド・レストランは、デッキ9と高い場所にあり、窓の外には大海原が広がっており、とても気持ちよい場所です。
また、ほぼ朝から夜遅くまでオープンしているので使い勝手も良いレストランです。

私は、今回、デッキ9のリド・プール・グリルのハンバーガーを試さなかったのが心残りとなっています。

飛鳥Ⅱでは、名物のハンバーガーをいただき大変美味しかった印象もあり見逃したのはとても残念です。

ぜひ、クイーン・エリザベスに乗船の折には、船内のいろんな場所で美味しいおやつや軽食を楽しんでください。

もちろん、アフタヌーンティーもですが、アフタヌーンティーはすぐ満席になりますので、30分くらい前に行くことが肝心です。

阪急交通社のクイーンエリザベスクルーズツアーリスト