2015年2月16日の「Web Cruise」ニュースによると、日本クルーズ客船が「ぱしふぃっくびいなす」による神戸~横浜ワンナイトクルーズと奈良・吉野山の桜観覧などを盛りこんだツアーを発売しました。

同ツアーの概要は次のとおりです。

◯ 吉野千本桜と神戸~横浜ワンナイトクルーズ3日間

  • 日程 2015年4月14日(火)~16日(木)2泊3日
  • コースは次のとおりです。 
  • 東京駅(新幹線グリーン車) 京都駅 橿原神宮前駅 奈良名産の昼食 吉野で千本桜観賞 奈良ホテルまたはホテル日航奈良泊 異人館街 中華王宮料理の昼食 神戸港(船中泊) 東京港
  • 旅行代金 105,000円(ステートJ)~146,000円(スイート)
  • 1万円をプラスすると奈良の宿泊を「奈良ホテル」にランクアップされます。
  • 東京駅から神戸港までは添乗員が付き添います。

「ぱしふぃっくびいなす」によるワンナイトクルーズは、通常のワンナイトクルーズでは夕方に出港しますが、それよりも早い午後2時出港で、翌朝も午前11時下船となり、それだけ船内でゆっくりクルーズを楽しむことができます。

なお、新幹線や奈良の宿泊、神戸の観光・食事等はついていませんが、神戸から横浜までのクルージングツアーは次のとおりです。

吉野千本桜について

日本有数の桜の名所、奈良の吉野山には古くから桜の木が多く、シロヤマザクラを中心に約200種、3万本の桜の木があります。

吉野山の桜は、昔から蔵王権現のご神木として愛でられていたもので、信者による寄進献木によって増え続けてきたものです。

また、豊臣秀吉が花見に来たことでも有名です。

美しい山桜が、吉野の山肌全体を埋め尽くすのは、きれいで壮観です。

吉野のシロヤマザクラは、いわゆる下、中、上、奥の4つの場所に集中しており、「ひと目で千本見える豪華さ」ということで、「一目千本」の言葉があります。

この4つの地域別による桜の木は、「下千本」、「中千本」、「上千本」そして「奥千本」と称され、例年4月初めから月末まで、下、中、上、奥へと麓から山の頂上へ次々に桜の花が開いていきます。

  • 下千本 近鉄吉野駅から頂上へ登る七曲坂周辺
  • 中千本 五郎兵衛茶屋から如意輪寺の周辺
  • 上千本 火の見櫓から花矢倉の坂周辺
  • 奥千本 吉野水分神社から金峯神社、苔清水、西行庵付近

このことから、吉野の桜は通常よりも長く花見が楽しめることが特徴です。

また、夜間には桜の花がライトアップされ、昼間の雰囲気とは異なる桜を堪能できます。
 

ぱしふぃっくびいなす Pacific Venus について

ぱしふぃっくびいなす
ぱしふぃっくびいなす Photo by Vincent Van den Storme

総トン数 26,594トン 就航年 1998年 全長 183m 全幅 25m
航海速力 18ノット 乗客定員 532人 乗組員数 180人 船籍 日本

「飛鳥Ⅱ」、「にっぽん丸」そして「ぱしふぃっくびいなす」と日本籍のクルーズ客船は、3隻ありますが、ぱしふぃっくびいなすが一番新しい船です。

クルーズ料金を他の日本船に比べても安くしており、乗客の開拓に積極的です。

そのため、ファミリーや若い人たちにも乗りやすい船となっています。

キャッチフレーズも「ふれんどしっぷ」としていることからも分かります。

スイート客室専用のレストラン、ジャグジー、プール、設備の整ったジムなど線な施設もかなり魅力的です。