マリナー・オブ・ザ・シーズ Mariner of the Seas
マリナー・オブ・ザ・シーズ Mariner of the Seas Photo by Rennett Stowe

2016年ゴールデンウィーク・5月連休の最強はマリナー・オブ・ザ・シーズの東京発着クルーズ

2016年ゴールデンウィークのオススメクルーズで、地中海やカリブ海などの海外については、9月30日付の次の記事で紹介しました。

2016年 ゴールデンウィーク・5月連休 おすすめ地中海、エーゲ海、カリブ海、アラスカ、ハワイクルーズ

そろそろ、ゴールデンウィーク日本発着オススメクルーズの取りまとめ記事を書こうかなと思っていた矢先に、ビッグニュースが飛び込んできました。

2015年10月7日付WebCruiseのニュースによると、ロイヤル・カリビアン・インターナショナル社の「マリナー・オブ・ザ・シーズ」による東京発着クルーズが2016年ゴールデンウィークに登場します。

ゴールデンウィークにピッタリ入る日程、アジア最大級の14万トンの豪華客船、寄港地は台湾、沖縄、発着港が東京と、このクルーズが関東の方々をはじめとし日本全国でも最強の2016年5月連休クルーズではないでしょうか。

なお、JTBは、昨年のゴールデンウィークに、マリナー・オブ・ザ・シーズと同型船のボイジャー・オブ・ザ・シーズで同じようなチャータークルーズを実施しましたが、非常に好評で満船でした。
今回は第2弾ですが、昨年よりさらにクルーズブームも加速しており、去年以上に予約取り競争は激しくなると思われますので、早目の問合せや予約が必要でしょう。

概要は次の通りです。

■旅物語チャーター特別企画
マリナー・オブ・ザ・シーズで航く!
ゴールデンウィーク  感動の台湾・沖縄クルーズ7日間

日程:2016年4月29日(金・祝)~5月5日(木・祝)6泊7日
コース:東京(大井ふ頭)~(終日航海2日)~基隆~那覇~(終日航海)~東京(大井ふ頭)

旅行代金(1室2人利用の1人分):11万円(スタンダード内側)~90万円(ロイヤルスイート)
※客室カテゴリによって1室3人目以上からのお得な代金・子ども半額など設定あり
※別途、港湾税・政府関連諸税(3万7400円)、船内チップ(9,470円~1万1660円)が必要。為替レートの変動で金額が変わる場合あり。

http://www.jtb.co.jp/med/feature/gwcruise/

2016年ゴールデンウィーク
28 29 30 1 2 3 4 5 6 7 8 9

なお、売り出しは2015年10月15日(木)午前10:00からです。

ゴールデンウィークのカレンダーと見比べてもらうと分かりますが、週休2日の方は5月2日月曜日の1日だけ休暇が取れると、行けますから魅力的なクルーズですね。

行き先も、台湾・沖縄ですから人気が出るでしょう。

ただ、台湾入港が07:00で出港が15:30、沖縄入港が11:30で出港が18:00と若干自由時間が少なめなのが気になりますが。

もっと気にかかるのが、クルーズ料金ですが、2人1室利用で1人分が110,000~900,000円とまあまあじゃないでしょうか。

最安の110,000円のキャビンであるスタンダード内側で行くとなると、1日あたりの料金が15,800円位になります。

これで、もちろん宿泊、朝昼晩の3食に加えて間食などのグルメ、さらにプールやフィットネス、図書室などの船内施設利用、ショーやイベントなどのエンターテインメントなどクルーズ客船の基本的なサービスが無料ですから、陸の国内や海外旅行などが本当に馬鹿らしく思えます。

また、ゴールデンウィークにつきものの交通渋滞も海の上では皆無ですから、精神衛生上も心配ありません。

スタンダード内側のキャビンは外窓は無いのですが、10,000円追加するとプロムナード内側の客室が利用できます。

プロムナード内側の客室は、マリナー・オブ・ザ・シーズクラスの巨大船独特のもので、船内中央部にある全長120mの吹き抜けの通路のプロムナードがあり、ここを見下ろす窓が付いています。
閉塞感は、スタンダート内側より改善されますが、海は見えません。

やはり1週間の長さのクルーズですから、ここは、ちょっと頑張って180,000円~のバルコニー付き客室をおすすめします。

JTBのクルーズ以外にも阪急交通社のクルーズもあります。

紹介しましたJTBのゴールデンウィーク中のクルーズは、連休ど真ん中ですので大人気なので空室がなく、予約が取れないかもしれません。

そこで、次善の策として阪急交通社のマリナー・オブ・ザ・シーズのクルーズを紹介します。

2016年5月7日(土)~10日(火)、神戸から上海までの3泊4日のクルーズです。

このクルーズには、スポーツ界のレジェンド達、アイススケートの伊藤みどりさん、プロ野球の山本浩二さん、サッカーの水沼貴史さんが乗船しトークショーや野球教室、サッカー教室がありますので、ファンの方々にはたまりませんね。

また、阪急交通社のクルーズは、ゴールデンウィーク直後ですから空室に余裕があります。

クルーズ・ツアー名 神戸港出港 マリナー・オブ・ザ・シーズで航く!さわやか春のアジアクルーズ4日間
取扱旅行社 阪急交通社 トラピックス
船名 マリナー・オブ・ザ・シーズ
出発日 2016年 5月7日(土)
日数 4日間
クルーズ発着港 神戸港発 上海港着
飛行機発着 上海空港発 関西国際空港着
料金 89,800~187,800円
添乗員 同行します。
旅程 神戸港~高知~終日クルーズ~上海~関西国際空港
2016
5/7
(土)
神戸

  • 16:00~18:00 神戸港(ポートターミナル)集合
  • 午後 マリナー・オブ・ザ・シーズ乗船
  • 20:00 神戸出港
5/8
(日)
高知

  • 07:00 高知入港
  • 自由観光
  • 15:00 高知出港
5/9
(月)
終日クルーズ

5/10
(火)
上海~蘇州

  • 08:00 上海入港
  • 下船後 上海市内へ
  • 上海市内観光 豫園商城、外灘、新天地、茶芸店での聞き茶体験とショッピング
  • 昼食 小籠包を含む飲茶料理
  • 19:05 上海空港発 全日空にて空路、帰国の途へ
  • 22:00 関西国際空港到着
内側 海側 海側バルコニー ジュニアスイート
14.6平米
ツインベッド・シャワー付き
14.9平米
ツインベッド・シャワー付き
17.0+4.6平米
バルコニー、ツインベッド・シャワー付き
約27.7+6.0平米
バルコニー、バスタブ付
<89,800円 117,800円 137,800円 187,800円
別途料金
旅行代金に各国空港の旅客サービス施設使用料と空港税等は含まれておりません。
旅行代金に燃油サーチャージは含まれておりません。
船内チップ 別途費用がかかる場合があります。

マリナー・オブ・ザ・シーズについて

総トン数 138,279トン 就航年 2003年 全長 311m 全幅 8.6m
航海速力 22ノット 乗客定員 3,114人 乗組員数 1,185人 船籍 ナッソー

同じロイヤル・カリビアン・インターナショナルの世界最大の客船オアシス・オブ・ザ・シーズクラスからは、抜かれましたが、一時期世界最大であったボイジャー・オブ・ザ・シーズの同型船で、アジア最大クラスの客船が、マリナー・オブ・ザ・シーズです。

日本最大の客船飛鳥Ⅱの3倍近くの大きさです。

その大きさゆえに船内施設も次のように充実しています。

  • シアター(劇場)
  • カジノ
  • アイススケートリンク
  • スポーツコート
  • ロッククライミング
  • プール・ジャグジー
  • ロイヤルプロムナード(商店レストラン街)
  • フィットネス・スパ
  • メインダイニング
  • サブレストラン
  • キッズルーム