6月13日出港したクイーン・エリザベスのショートクルーズは、6月16日、サウサンプトンに帰港します。

サウサンプトン到着時刻は、午前中です。

その後、すぐにロンドンに戻ることも可能ですが、私はこの機会にほとんど行ったことがない南イングランドを少し旅しようと思っています。

ロンドン西部にあるコッツウォルズには、もう3度も行っており、今回もNHKの人気ドラマ「ダウントン・アビー」のハイクレア城やロケ地のハンプトンやウィットニーを訪れてもいいのですが、中心となるハイクレア上の見学が無理なようなのであきらめました。

そこで、サウサンプトンがある南イングランドを起点にライなどの田舎町を巡ることにしました。

ライまでは、サウサンプトンから3時間半ほど鉄道で行けますので、クイーン・エリザベスを下船して行けないことはありませんが、ここはゆとりを持ってサウサンプトンに1泊することにしました。

で、例によって、トリップアドバイザーでサウサンプトンのB&Bランキングを見てみました。

第1位の The Mayfair Guest Houseは、クイーン・エリザベスの前泊をしましたので、スキップして2位以下に次々とメールであたってみました。

しかし、どうしたことか満室が多く、なかなか空き室がありませんでした。

次の一手として、エクスペディアでサウサンプトンのホテル・B&Bを探していたら、三つ星で「Best Western Chilworth Manor」が目に止まりました。

チルワースマナー Chilworth Manor
Chilworth Manor Photo by Herry Lawford

料金もマナーハウスホテルにしては、20,000円前後で高くはありません。

ちなみに、私が3年前に宿泊したコッツウォルズ、アッパースローターのマナーハウスホテル、「ローズ・オブ・ザ・マナー Lords of the manor」は、35,000円位しました。

そこで、速攻、ホテル検索・予約のエクスペディアでChilworth Manorの予約を入れました。

エクスペディアは、日本語で読んだり、予約できるので大変便利です。
 

Best Western Chilworth Manor について

マナーハウスホテルとは、中世の荘園(マナー)で、荘園領主が建設した邸宅をホテルとして利用しているものです。

現代的なホテルとは異なり、建物自体が文化遺産でありますし、古い貴族や豪族の建物に泊まること自体楽しいものです。

Chilworth Manorは、マナーハウスとしては新しい方で、大地主のフレミング家により1904年に建造されました。

建物自体は、ビクトリアン様式です。

ホテルには、95室あり、そのうちマナーハウス本体にあるのが26室で、残り69室は1989年に付け加えられた建物にあります。

私が予約したのは、料金も安いので新館の方になると思います。また、意外なことに星は三つです。

なお、このホテルは、宿泊施設だけでなく、会議室、結婚式場とかなり手広く事業を展開しています。

ホテルの所在地は、クイーン・エリザベス等の泊地からは4kmくらい離れているので、タクシーで行く必要がありそうです。

◯ Best Western Chilworth Manor Hotel

Chilworth, Southampton, Hampshire SO16 7PT
+44 23 8076 7333