クルーズ客船、豪華客船に乗船した時、気になるのが服装です。
それも、ドレスコードが適用されるフォーマルナイトです。

ドレスコードとは

ドレスコードを和訳すると、服装規定です。
つまり、これこれこういう服装をしてくださいという決まりです。

乗船して、すぐにはドレスコードなどはありません
乗客は、いろいろな交通機関で、その日の天候に合わせていろいろな服装で乗船してきます。
ですから、自由な服装で船内を歩いています。

そもそも、ドレスコードとは、客船のその夜にふさわしいお洒落で船内の雰囲気を盛り上げるという目的から生じたルールです。
ドレスコードは、事前にクルーズの日程表や当日の船内新聞で案内がありますので注意しておいてください。

ドレスコードの指定は、普通、夕方の5時以降に指定されます。
ドレスコードが指定されれば、客室の外の廊下を含めてドレスコードにそった服装をする事が求められます。
当然ですが、客室内の服装は自由です。

ドレスコードには、「フォーマル」、「インフォーマル」そして「カジュアル」の3パターンがあります。

スポンサードリンク

ドレスコードのフォーマルについて

フォーマルと言っても、クルーズ客船のクラス、つまりラグジュアリー、プレミアム、カジュアル客船によって異なります。
また、各クラスの中でも客船によっても違いがあります。

ラグジュアリークラス キュナード、クリスタル・クルーズなどの場合
クルーズ客船の中でも最もフォーマルで、華やかさがあります。
男性のタキシード率は80%です。それ以外はダークスーツです。
ブリタニアクラスなどの大部屋レストランで80%ですから、スイーツなどの上級キャビンの専用レストランでは100%近いのではないでしょうか。
ブラックタキシードだけでなく、ホワイトタキシードやディナージャケットの方もいます。
私が実際にクイーン・エリザベスのフォーマルナイトに参加した体験は次のとおりです。

クイーン・エリザベス フォーマルナイトはドレスコードでイブニングドレスやタキシードで豪華な雰囲気 レンタルタキシード・ドレスも紹介

クイーン・エリザベス タキシード
クイーン・エリザベス船内で

プレミアムクラス ホーランドアメリカン、セレブリティ・クルーズなどの場合
タキシード、ブラックスーツどちらでも良いと思います。

カジュアルクラス ロイヤルカリビアンインターナショナル、コスタ・クルーズなどの場合
基本的に、結婚式で着ていくような服装であれば大丈夫でしょう。

フォーマルナイト用のタキシードの準備

クイーン・エリザベスの場合、普通のバルコニー客室であれば無理にタキシードでなくても、ブラックスーツでも大丈夫です。

しかし、多くの男性がタキシードで決めていますし、なかなかタキシードを着る機会が日本ではないので、この際着てみるのもなかなかいい体験となり想い出深いクルーズになるのは間違いありません。

しかし、そうは言っても、普通の日本人男性がタキシードを持っていることはまず無いでしょう。
それなら、オーダーして作るかですがそうそうタキシードを着る機会は、クルーズ以外にもありません。

そこで、レンタルという手を使いましょう。

首都圏と関西ならばタキシードレンタル専門店があります。

首都圏と関西にお住まいならば、タキシードのレンタル専門店、タキシードステーションがあります。
東京は品川区東五反田、大阪は大阪市北区西天満にショップがありますので、ネットで来店予約してからレンタルしてください。
ショップで、自分に合うかどうか確認してレンタルしますから安心ですね。

タキシードの全てが揃う タキシードステーション

東京、大阪以外の方はネット申し込みの宅配のタキシードレンタルをどうぞ

東京、大阪以外の方でレンタルショップに出かけられない方には、ネット申し込みで、宅配により届けてくれるタキシードのレンタルがあります。
もちろん、東京、大阪の方でなかなか時間が取れない方も利用できます。

サイズも16種類ありますので、体型も心配ないと思います。
レンタル期間は、2日~30日まで1日単位で借りられます。
気になる料金は、2日で14,380円ですが、レンタル期間が長くなるほど割安になり、7日で25,900円、14日で34,410円です。
借りられるタキシードは、下の写真ですが、ジャケット、パンツ、シャツ、蝶ネクタイ、カマーバンド、カフス、ポケットチーフの6店セットですから、別に用意するのはシューズだけです。
なお、レンタルの流れですが、無料会員登録 ⇒ レンタル申込み ⇒ 宅配で届け ⇒ 使用 ⇒ コンビニまたは郵便局からゆうパックで返却 となります。

タキシード 6点セット レンタル