今年のクルーズは、次のように英国・サウサンプトン港からキュナード・ラインのクイーン・エリザベスによるショートクルーズに決定しました。
 

今年夏のMyクルーズが決定!

コース名 クイーン・エリザベス号 ショートクルーズ 3泊4日
出発日 2015年 6/13
行程 サウサンプトン セントピーターボート サウサンプトン
泊数 3泊4日
料金 54,000円~
その他 クルーズのみ ベストワンクルーズ

◯ 選定の条件

  • イギリスの港から発着すること。
  • クルーズの料金はできるだけ安く、1人乗船で200,000円以下であること
  • クルーズに適した季節であること

まず、イギリスの港から発着することは、以前にも書きましたが、私はイギリスファンでして、よくイギリスに行っているからです。

クルーズの海域としては、地中海やカリブ海などが一般的ですが、初めての外国クルーズはイギリスにして、これ以降は東地中海(私はトルコのイスタンブールファンでもあります。)などに出かけれことができればいいなと思っています。

次にイギリスにクルーズに行くので、ついでにイギリスの田舎、NHKドラマのダウントン・アビーのハイクレア城や知人のいるアイルランド・ダブリンに旅行をしようとも思っているので、クルーズにそうそうお金をかけることができません。

それで、1人乗船で200,000円以下のクルーズ料金に抑えたいと思っています。

イギリスの冬は厳しいので、できるだけ冬を避けるクルーズを希望しています。

これら、3つの条件にあったクルーズが6月13日、サウサンプトン発着、クイーン・エリザベスのショートクルーズ、3泊4日というわけです。

クイーン・エリザベス Queen Elizabethクイーン・エリザベス Photo by Thomas Simpkins

総トン数 90,901トン 就航年 2010年 全長 294m 全幅 32m
航海速力 23ノット 乗客定員 2,092人 乗組員数 996人 船籍 バミューダ

 

Myクルーズの決定と予約に至るまで

前回の記事、「イギリス・サウサンプトンからのショートクルーズの検討」で9つのクルーズツアーをリストアップしていました。

ここから、3つの条件に照らしあわせて検討し、次の5つに絞り込みました。

  • 2015年 6/10 クイーン・メリー2号 初夏のショートクルーズ 4泊5日
  • 2015年 6/13 クイーン・エリザベス号 ショートクルーズ 3泊4日
  • 2015年 6/28 クイーン・メリー2号 初夏のショートクルーズ 4泊5日
  • 2015年10/2 クイーン・エリザベス号 ショートクルーズ 5泊6日
  • 2015年10/18 クイーン・メリー2号 秋のショートクルーズ 4泊5日

これらの5つのMyクルーズ候補が、現時点で予約が取れるかどうか確認しなければなりません。

そこで、これらのリストアップで参考にしたサイトである「ベストワンクルーズ」にメールで5つのクルーズの予約空き状況を照会しました。

すぐに、ベストワンクルーズの担当者から回答のメールをいただきました。

このへんのレスポンスは、悪くはありません。

回答メールを見て驚いたことに、5つのクルーズの空き室は、多くて4室、残り3室以下がほとんどです。

料金も最低価格の客室は、ほとんど残っていなくて、海側バルコニー客室などが残っており、200,000円以下に収まりそうにもありません。

そこで、唯一の選択肢が、2015年 6/13 クイーン・エリザベス号 ショートクルーズ 3泊4日だったというわけです。

客室は、内側客室なので窓もない部屋です。

1室2名利用の一人あたりの最低料金は、54,000円~ですが、1人で客室利用は175%に加算されますので、90,000円台となります。

それでも、ラグジュアリークラスの客船であるクイーン・エリザベスの3泊4日のクルーズに100,000円以下で乗船できるのですからよしとしましょう。


 

予約手配の書類について

すぐに、ベストワンクルーズの担当者の方に、電話やメールでやりとりをして同クルーズの予約をしてもらいました。

ベストワンクルーズの方で予約の手配が完了した旨のメールが届き、「予約内容確認書」と「予約金請求書」がメールの添付文書で送られてきました。

「予約確認書」には、予約した「船名・コース」、「クルーズ日程」、「客室タイプ」、「クルーズ料金」、「別途諸税」、「その他」などの項目に詳細が記載されていますので、予約の手配に間違いがないか確認しておきます。

「ご予約金請求書」には、予約内容と予約金として40,000円を所定の期日までに指定の振込先に入金するように書いてあります。

所定の期日は、3日以内とそう時間的な余裕はありません。

予約金を入金すると予約が確定するようです。

また、キャンセル料は、90日ルールで乗船日から起算して90日目から発生するので、今月の10日過ぎころからキャンセル料が発生することになります。

キャンセル料は、予約金から差し引かれることになると思います。
 

ベストワンクルーズについて

今回の予約にはベストワンクルーズにお世話になっています。

クルーズに行こうと考えた時に、最初は、情報収集です。

自分の希望の海域、季節、客室のクラス、同行者などを考えて予約しようと思うと、真っ先に考えるのはJTBなどの大手旅行会社の相談カウンターでしょう。

私は、元来海外旅行は、ほとんど旅行会社ではなく、パソコンから情報を得て飛行機、ホテル、交通機関の予約を自分でしています。

そこで、私がクルーズの情報を得るためにパソコン、インターネットで情報収集をしましたが、JTBや阪急交通社などの大手旅行会社では思うように情報が取れないのですね。

きれいなホームページですが、クルーズの情報量はそれほどでも多くありません。

というのも、これらのサイトでは、クルーズ専門サイトではなく、一般的な海外旅行のサイトに1コーナーに「クルーズ」があるからです。

しかし、「ベストワンクルーズ」は、クルーズ専門サイト・旅行会社です。

あと、「ファイブスタークルーズ」と言う高級クルーズ専門サイトがありますが、このサイトは高級クルーズ専門で、私のような100,000円以下のクルーズを探すような人を対象としていません。

「ベストワンクルーズ」は、現時点では、自分でクルーズツアーを探す人にとってクルーズツアーの情報量ではベストなサイトだと思います。

また、情報量の多さだけでなく、検索で探すときも大いに役立ちます。

例えば、今回のMyクルーズ探しでは、英国発着のクルーズを探しましたが、ベストワンクルーズでは、右サイドバーの中にある「方面別」の中のイギリス・英国」をクリックするとズラズラと各クルーズ社のクルーズが表示されます。

JTBなどの大手旅行会社のサイトでは、バルト海、地中海などは検索できますが、英国・イギリスなどでは検索できません。

まさに、小技が効くサイトです。

しかし、「ベストワンクルーズ」も良いことばかりではありません。

情報量が膨大であるせいか、精度に欠けることです。

つまり、ミス記載が多いので、情報が正しいとは限らないことが多々あることです。

例えば、発着港、出発日などはサイトの中でも整合性を欠いていることがよくあります。つまり、クルーズの一覧リストの情報とクルーズ個別ページの情報が食い違っているのです。

また、以前のクルーズの情報が新しいクルーズに書き換えられずに残ったままなどもあります。

少ないスタッフでこれだけの情報を管理することの大変さは、理解できますが、やはり旅行会社のサイトとしては改善を望みたいところです。

そうは、言っても私のように、できるだけ安く自分の思い通りのクルーズに出かけようと考える人には、貴重なサイトだと思います。

おそらく、今後のクルーズ需要の拡大につれて、JTB、阪急交通社などの大手旅行会社も、クルーズ専門サイトを立ち上げてくる可能性もあります。

その時が、「ベストワンクルーズ」の踏ん張り時でしょう。