ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(RCI)のアンセム・オブ・ザ・シーズがクイーン・エリザベスの横を通過

2015年6月13日午後5時半頃、私はクイーン・エリザベスのデッキ9の最船尾付近で出港の瞬間を待っていました。

本来ならば5時前に出港する予定でしたが、多分食材等の積み込み作業の遅れで出港が遅れていました。

その時、突然、大きなボー、ボーという汽笛が鳴り響きました。てっきり、私はクイーン・エリザベスの出港の合図の汽笛だと思っていました。

しかし、周囲でオーと言うどよめきが起こりました。

ただならぬ気配で右側を見てみると、巨大な客船が真横を通過中で慌ててiPhone6のビデオを回したのが下の動画です。

最初は、この巨大な船は、クイーン・エリザベス係留されているQueen ElizabethⅡ Terminalに歩いて行く途中にあるOcean TerminalにあったP&O社のBRITANNIA ブリタニアと直感しました。

バルコニー客室が多層にわたってまるで巨大なホテルがそのまま動いているような迫力十分な光景が広がっていました。

しかし、船首付近に船名が描いてあったのですが、それには気づかず船尾付近が通り過ぎると、船名を確認できました。

アンセム・オブ・ザ・シーズ Anthem of the Seasでした。

アンセム・オブ・ザ・シーズ
クイーン・エリザベスの船尾横を通過するアンセム・オブ・ザ・シーズ

これくらい巨大なクルーズ船の出港となると、さすがにサウサンプトン港でも、見物の船が出ていました。1隻なんかは、乗客を多数載せてアンセム・オブ・ザ・シーズの周囲をチョロチョロしていました。

そういえば、ブリタニアからもっと遠くに大きなクルーズ客船が2隻視認できていましたが、その内の手前の船がアンセム・オブ・ザ・シーズでした。

当時、6月13日の午後、サウサンプトン港には、クイーン・エリザベス、アンセム・オブ・ザ・シーズ、それに不詳の船と大きなクルーズ客船が3隻入っていました。

さすが、クルーズ客船の聖地の一つであるサウサンプトン港ですね。

後日見つけたのですが、この2015年6月13日のサウサンプトンから出港するアンセム・オブ・ザシーズのみならず私が乗船しているクイーン・エリザベスの出港、その後を追いかけるように出港したブリタニアの3船の出港風景をビデオで撮影した人がいました。

クイーン・エリザベスが停泊していた埠頭からの撮影のようです。
 

アンセム・オブ・ザ・シーズ Anthem of the Seas について

アンセム・オブ・ザ・シーズ Anthem of the Seas
アンセム・オブ・ザ・シーズ Anthem of the Seas Photo by El Coleccionista de Instantes Fotografía & Video

総トン数 167,800トン 竣工年 2015年 全長 348m 全幅 41m
航海速力 23ノット 乗客定員 4100人 乗組員数 船籍 バハマ

ロイヤル・カリビアン・インターナショナル社が運航する次世代型客船です。

同社が保有する世界最大の客船アリュール・オブ・ザ・シーズ 22万トンには及びませんが、クァンタム・オブ・ザ・シーズに続く2番船で、167,800トンを誇っています。

2015年に就航したピカピカの新造船です。

最新のIT設備や船上でスカイダイビング体験ができる「リップコード・バイ・アイフライ」、海上からブームを伸ばして90mの高さまでもっていく宝石型展望カプセルの「ノース・スター NORTH STAR」でパノラマを堪能できます。

クァンタム・オブ・ザ・シーズは、日本寄港が話題になったくらいで上海を中心にアジアに配船されていますが、アンセム・オブ・ザ・シーズは、サウサンプトンを母港に地中海クルーズに就航しています。

また、冬季にはアメリカのフォートローダーデールを母港にしてカリブ海クルーズに従事します。

当日出港していたアンセム・オブ・ザ・シーズの行き先は?

さて、当日午後6時頃から、クイーン・エリザベス ブリタニア・レストランのディナーに臨みました。

イギリスハンプシャー在住の英国人夫妻、同じくイングランド北部在住の紳士そして私の4人が同じテーブルを囲みました。
その際に、話題になったのが先ほど出港して行ったアンセム・オブ・ザ・シーズの行き先でした。
クイーン・エリザベスと比べても圧倒的な存在感のアンセム・オブ・ザ・シーズでしたので、同じ出港日時ならあっちに乗ったほうが良かったかもしれないと思ったのかもしれません。
当然、その時は何の情報もなく分からないままでした。

そこで、今回行き先を調べてみました。その結果次のようなアンセム・オブ・ザ・シーズクルーズの7泊8日のスケジュールが判明しました。

6月13日(土) サウサンプトン WS000013
6月14日(日) 終日クルーズ
6月15日(月) ヒホン(スペイン)
6月16日(火) ビルバオ(スペイン)
6月17日(水) 終日クルーズ
6月18日(木) ガーンジー島(イギリス)
6月19日(金) パリ(ル・アーブル)
6月20日(土) サウサンプトン

こういうクルーズもあるのですね。6月18日には、今回のクイーン・エリザベスのショートクルーズの目的地である英領ガーンジー島にも寄港します。

残念ながら、クルーズ代金はわかりませんでした。