ミキ・ツーリストは、ロイヤル・カリビアン・インターナショナル RCIの日本総代理店ですが、8月23日に2014年のボイジャー・オブ・ザ・シーズの日本発着クルーズについて次のように発表しました。

ボイジャー・オブ・ザ・シーズは、137,276トンで乗客定員が3,114人の巨大クルーズ船ですが、2014年には東京大井ふ頭発着の4本のクルーズを行うそうです。

また、同時にクルーズ代金も79,800円からと割安に設定しており、コースによっては、バルコニーキャビンの3,4人目の代金や18歳以下の3,4人目の代金を無料にするなどの割引も発表しました。

来年導入される4つのコースは次のとおりです。

1 初めてクルーズに参加する人たち対象の「済州島・釜山クルーズ」
東京4月20日発~名古屋4月25日着または東京4月26日着、6泊7日または5泊6日、7万9800円~

2 5月の連休と重なるスケジュールの「台湾・香港クルーズ」
東京4月26日発5月5日着、9泊10日、9万8000円~

3 「東京・神戸・那覇・基隆クルーズ」
東京5月5日発または神戸5月6日発~基隆5月9日着、4泊5日または3泊4日、料金は、今年の秋に発表予定です。

4 2つのコースにまたがる「神戸・那覇・基隆・長崎・別府・大阪クルーズ」
東京5月5日発または神戸5月6日発~大阪5月13日着、8泊9日または7泊8日、料金は今年の秋頃発表予定です。

なお、2番めの台湾・香港クルーズにおいては、バルコニーキャビンの3,4人目の料金や18歳以下の3,4人目の料金を無料とする割引をします。

これが実施されると、バルコニーキャビンが実質的にスタンダード内側キャビンと同じ料金となります。

ロイヤルカリビアンインターナショナルでは、2,010年と2012年のレジェンド・オブ・ザ・シーズで横浜港を発着するクルーズを行イましたが、2013年はアジア方面の航路では最大の客船となるボイジャー・オブ・ザ・シーズをミキ・ツーリストが借り切って日本発着のクルーズを行いました。

東京晴海の大井ふ頭を発着として。トータル8,700人の集客をしました。

なお、2014年の日本発着クルーズは、ロイヤルカリビアンインターナショナルの自主クルーズとなります。