クルーズで持っていくのに必要なのがスーツケースやキャリーバックです。

スーツケースを準備するのには次の3つの方法があります。

  • 購入する。
  • レンタルする。
  • 知り合いから借りる。

あまり海外旅行もクルーズもしないのであれば、レンタルか借りるのも良いと思います。

ただ、借りるとどうしてもお土産の心配や破損した時の対応など煩わしくなります。

そこで、私はできればレンタルか購入をおすすめします。

レンタルについては、記事を改めて紹介しようと思いますので、今回は購入です。

スーツケースの選び方は、クルーズや旅行の頻度にもよります。

あまり、クルーズや海外旅行などをしないのであれば近くのショッピングモールで安いのを購入しても良いと思います。

しかし、今はあまりクルーズや海外旅行などに行かないと思っていても将来のことは誰もわかりません。

この際、しっかりと品質の良いスーツケースを準備しておけば、後々後悔することも少ないと思います。

スーツケースの選び方

まず、いちばん大事なのは、旅行の日数や目的でサイズを選ぶことです。

1泊=10リットルを目安にしてください。

ただし、夏冬の季節や旅行目的、例えば写真撮影などによって増減があります。

不安であれば、目安よりも比較的大きめのスーツケースにしておくと失敗が少なくなります。

クルーズでは、宅配便などで一旦船内に持ち込み、帰りも宅配便で送るなら比較的大きいスーツケースでも良いと思います。

クルーズ中は、スーツケースを持ちまわったり、パッキングもなく、重量制限やサイズ制限はありません。

ただし、海外クルーズで港まで飛行機で往復する場合は、飛行機会社の重量制限やサイズ規定もありますので注意してください。

常識的なサイズであれば、ほぼ大丈夫です。

スーツケース選びにはJTBショッピングで

JTBが経営するJTBショッピングでスーツケースが購入できます。

旅行のプロであるJTBのオリジナルスーツケースですので安心です。

2泊3日程度クルーズのおすすめスーツケース

ショートクルーズ向けのスーツケースです。

高めですがおすすめスーツケース






日曜朝のTV番組「がっちりマンデー」でCMがあるプロテカのスーツケースです。

日本製ではベストなスーツケースです。

たしかに高いですが、それだけのことはあるスーツケースです。

プロテカ スタリアV 45cm 02641

もう少し安めのスーツケース






プロテカほど高くはなく、外国製でリーズナブルなスーツケースです。

世界遺産をモチーフにしたもので、機内持ち込みサイズです。

内装は、整理しやすいように仕切りとポケットが付いています。

JTBのオリジナルスーツケースです。

JTBオリジナル WORLD HERITAGE ジッパーキャリーⅢ(48cm)

その他の2泊3日程度のクルーズ用スーツケース

これら2つのスーツケース以外にもJTBショッピングでは多くの2泊3日程度用のスーツケースを揃えています。

2泊3日程度のクルーズ用スーツケースの一覧はこちら

クルーズ用スーツケースの他の記事

3泊4日程度のクルーズ用スーツケースの記事はこちら
1週間程度のクルーズ用スーツケースの記事はこちら
ロングクルーズ用スーツケースの記事はこちら