当サイトは、豪華クルーズ客船の情報提供をしていますが、先日、国内フェリーに乗船する機会がありました。

福岡県北九州市新門司港と大阪府泉大津市泉大津港を結ぶ阪九フェリーの「いずみ」です。

京都・奈良に見物に出かけようとして、車ででかけることになり、行き帰りの車の運転も大変なので、福岡と関西間でフェリーを利用したものです。

「いずみ」は、今年1月に新門司-泉大津間に就航した最新鋭船です。

だいぶ昔に阪九フェリーを利用したことがありますが、大部屋に雑魚寝であまり良い印象を持たなかったのは事実です。

しかし、今回の乗船で国内フェリーの印象が変わりました。

「いずみ」は、新造船なので船内がキレイなのはもちろんですが、4人用の個室だったのです。

しかも、下の表のようにかなり割安です。
 

いずみの料金と船室について

◯ いずみ / ひびき

平成27年4月1日から運賃・料金及び燃料油価格変動調整金の改定が実施された後の料金です。(単位:円)

等級
運賃料金
(通常期間)
運賃料金
(特別期間)
大人
小人
大人
小人
スタンダード・和室 6,370 3,190 7,090 3,550
スタンダード・洋室 7,400 3,700 8,120 4,060
デラックス・洋室4人部屋 9,460 4,730 10,180 5,090
デラックス・シングル 11,000 5,500 11,720 5,860
デラックス・和室 13,570 6,790 14,290 7,150
デラックス・洋室2人部屋 13,570 6,790 14,290 7,150
デラックス和洋室 13,570 6,790 14,290 7,150
スイート 18,710 9,360 19,430 9,720
ロイヤル 24,890 12,450 25,610 12,810

※「いずみ」「ひびき」のスタンダード・シングル(大人、通常期間8,940円、特別期間9,660円)は、季節により設定が異なります。

通常期間 特別期間以外の期間
特別期間 下り(関西→九州)8/9~8/15・12/26~12/30
上り(九州→関西)8/13~9/19・1/2~1/6
※特別期間は変更することがあります。確認のうえ、ご利用ください。

フェリーですので自動車と運転手の料金もありますが、当サイトはクルーズ情報サイトということから、旅客運賃のみ紹介していますので、ご了承ください。

私達は、デラックス洋室4人部屋を利用しました。

この部屋は、2段ベッドが2つ設置されており、明るく広さも十分です。

従来、「すおう」などの2段ベッドの上段は、鉄梯子で昇降していましたが、いずみの場合は頭の部分に階段が設置されており、非常に楽に昇り降りができるようになっています。

2段ベッドですが、カーテンで囲むことによりプライバシーにも配慮されています。

液晶薄型テレビもあり、地上波とBSのテレビ放送やGPSによる航路・航跡表示により現在地も常に把握できます。

船酔いが心配な方もあるかと思いますが、いずみは15,000トンもあり、そのうえ、主に瀬戸内海を航行しますので、ほとんど揺れを感じ無いことも多く、かなり快適な船旅となるでしょう。

ただ、夕方に出港し、早朝に到着するため、通常のクルーズのように日中にアクティブに行動することはほとんどなく、半分ほどは就寝することが多いと思います。

九州と関西間を旅行しようと考えている方にとって、阪九フェリーを利用することは、豪華ではありませんがクルーズの雰囲気を体感できる上、経済的にも有利なのでいかがでしょうか。

阪九フェリー「いずみ」の公式サイト