フライ&クルーズという言葉が旅行業界でも話題となっています。

飛行機で一気にカリブ海や地中海に飛び、船旅するという旅行スタイルのことです。

しかし、外国に行かずとも国内で手軽にフライ&クルーズを楽しむこともできます。

例えば、探せば次のようなフェリーさんふらわあで行くフライ&クルーズのツアーがあります。

スポンサードリンク

格安ツアーですから、東京から神戸までのフライはジェットスターなどのLCCを使います。

午前10時頃、東京を出発して午前11時には、関西国際空港に到着します。
そのまま、ハリーポッターで人気沸騰中のUSJや大阪グルメを満喫します。

そして、大阪から神戸へ移動し、午後6時頃には埠頭に停泊中のフェリーさんふらわあに乗船します。
午後8時頃にさんふらわあは大分に向けて約12時間の航海で神戸を出港します。

フェリーさんふらわあ
Photo by shin Suzuki

昔のフェリーは、なんだか寒々とした雰囲気でしたが、今のフェリーはかなり豪華になっています。

また、大部屋に雑魚寝ではなくて、明るくツイン・デラックスなどの快適な個室船室も利用できます。
部屋には、太平洋の風景を独り占めにできるオープンデッキまで付いています。

もちろん大部屋スタイルからファミリーで利用できるスタンダード(二段ベッド)もあります。

午後8時に神戸を出港すると、夕食となります。
30種類ほどのメニューが並ぶバイキングスタイルの食事が、わずか1,540円です。
フェリーの食事とは思えないほど美味しくて、しかも格安ですからたまりません。

食事後は、大海原をゆっくり眺めながらリラックスできる「展望風呂」はいかがでしょうか。
タイミングが合えば、湯船の窓から神戸の1000万ドルの夜景を堪能できますよ。

風呂あがりの後、クルーズの醍醐味を味わえるのが、デッキの上でビールなどを飲みながら夜景や夜の海を楽しむことでしょう。

また、朝は早起きすると朝焼けを眺めることもできます。

出港後の12時間、翌朝の午前7時にはさんふらわあは、大分港に到着します。
その後は、ツアーに組み込まれている「別府温泉 杉乃井ホテル棚湯」で心ゆくまで温泉を堪能します。

この東京をLCCで大阪に行き、神戸からさんふらわあで大分まで行くフライ&クルーズツアーのお値段が、なんと13,100円~ですからたまりません。

人数が多い家族旅行にも最適で、特にお父さんは運転しなくてもすみますので楽です。

また、ご高齢の方にもゆっくり自分のペースで旅ができますのでフライ&クルーズは最適です。

子供が喜び、お財布にも優しい超庶民的なフライ&クルーズのツアーはいかがでしょうか。