自分の状況をかえりみずクルーズに行こうと大決心をし、誰と行くかをあらゆるしがらみを乗り越えてやっと決めたとします。

じゃ次はどうするの?

同行者との権力関係もありますが、基本的には自分で海域や船を決めたいものです。

そこでインターネットやパンフレット等で情報収集をして、旅行会社などと相談しながらだんだん固めていくことになります。

そうしながら、予約する旅行会社を決めることが次のステップになります。

陸の旅行でも同じなのですが、大きく分けて旅行会社のツアーに乗っかるか個人手配旅行があります。

まず、乗っかるかもしれない旅行会社を考えてみましょう。

一般的な旅行会社のクルーズ部門

個人手配にしないならば、自動的に旅行会社で手配することになります。

旅行会社で頭に浮かぶのは、やはりJTBや日本旅行などの一般的な大手旅行会社でしょう。

◯ JTB

特に、JTBはBS朝日で毎週月曜日21:00~21:54の時間で「世界の船旅」と言う番組を持っていますので、クルーズではここかなというイメージをかきたてています。

また、ロイヤルロード銀座などのクルーズ専門店や各支店にクルーズデスクを廃するなど体制も整っています。

私の飛鳥クルーズも福岡市内の「ロイヤル旅サロンホテルオークラ福岡店」で手配してもらいました。

2014年の暮には、JTBクルーズ銀座本店がオープンしました。

日本船デスク支配人と外国船デスク支配人と二人のクルーズ旅行に精通したスタッフを配置しており、リーズナブルなクルーズやデラックスなクルーズまでJTBならではの幅広く、魅力あるクルーズツアーを取り揃えています。

 

◯ 近畿日本ツーリスト

公式サイトの「海外クルーズの旅」と言うページからツアー詳細確認や予約ができます。
 

◯ H.I.S.

公式サイトの「クルーズ旅行 おすすめコース」から詳細確認や予約ができます。

飛鳥Ⅱやダイヤモンドプリンセス、サン・プリンセスのコース紹介くらいで情報は少ないです。
 
 
◯ クラブツーリズム

公式サイト内にクルーズのページを持っており、かなり充実しています。
これだけでも一つのサイトになるくらいの情報量の豊富さです。

 
 
◯ 日本旅行

公式サイトの「クルーズ」から、日本船、日本発着外国船、クルーズ人気ツアーなどの詳細確認、予約ができます。
 
 
◯ 名鉄観光

公式サイトの「クルーズ紀行」で、国内クルーズ、海外クルーズを紹介しています。情報量はそう多くはありません。
 

クルーズ専門旅行会社

ファイブスタークルーズくらいです。

◯ ファイブスタークルーズ

2016年9月に設立された最新のクルーズ専門旅行会社です。

ファイブスタークルーズという社名でもお分かりのように、5つ星のラグジュアリー船、そしてスイート以上の客室を販売する高級クルーズ専門です。

果たして、この分野のマーケットがどのくらいあるのか未知数ではありますが、こういうクルーズ専門会社が出てきているのが、日本のクルーズ需要が拡大してきている証左かもしれませんね。

個人手配

最近は、インタネットなどで情報がふんだんに入りますので、陸の旅行では比較的個人旅行も増えています。

私も、基本的にイギリスなどのヨーロッパ旅行は完全個人手配で旅しています。

自分の思いのままのスケジュールで旅行できますので、これ以上のことはありません。

しかし、私はクルーズでは個人手配をしようと思いません。

言うまでもなく、個人手配では、乗船、発着地までの飛行機、現地のホテル、オプショナルツアー全てを自分ですることになります。

特に、乗船、オプショナルツアーは、経験や情報も少ないのでする気になれません。

ただし、個人手配では、どのくらい旅行会社のツアーよりも安くなるかは興味があります。

私もクルーズの経験を積んで、情報がインターネット上にもっと増えてきて、個人手配と会社ツアーの経費の差額が大きくなればクルーズも個人手配にするかもしれません。