今、クルーズが人気になってきつつあります。

広くて青い海原を悠然と走る豪華大型客船は、それだけでも絵になりますし、最新設備を備えたラグジュアリー・ホテルそのままです。

今までは、お金のかかる遊びと思われてきましたが、最近では、日本発着の客船も増えてきており、料金も普通の海外旅行と比べtも遜色の内容になってきました。

朝起きると初めての街に

客船客船は、夜移動することが基本。

キャビンで寝ている間に、次の港に着いていることも。
これが楽に旅ができる理由です。

飛行機ではこういうわけにはいきません。

しかし、船では、Ⅰ周間の航海で6都市くらい訪れることができます。

また、朝早く入稿することも多く、その分知らない街をゆっくり歩くこともできます。

身軽に観光を

クルーズでは、スーツケースなどの荷物をキャビンに置いたままで、街に出かけることができます。

a1180_003727

普通の旅行では、ホテルに置いたままで観光もできますが、次の目的地に移動するたびにパッキングや持ち運びしなければなりません。

クルーズでは、乗船して下船するまでのクルーズ中は、荷物はキャビンに置きっぱなしにできます。

洋服やアクセサリー、小物などをキャビンのワードローブ等に入れておい毛羽、最終港までそのままにしておくことができます。

日本の港発着の船では、行きは自宅から船のキャビンまで、帰りは船室から家まで宅配便で荷物を送れるので大変気楽です。

お好みの客船を

昔から豪華客船と言うように、古くから格式の高い古い伝統を受け継ぐラグジュアリーな船がある一方で、最近ではファミリーで気軽に楽しめるカジュアルな船もあります。

自分たちのライフスタイルや好みによって、いろんな船を選ぶ時代になってきています。

料金もかなり広く設定されており、カジュアルな船でもラグジュアリーなキャビンを揃えています。

非日常を楽しむ

クルーズに出かけるだけでも非日常なことですが、普通の旅行とは異なる非日常の極みがあります。

多くの客船には、フォーマル・ナイトがあります。

この日のデャイナーを含めて夜をフォーマルなスタイルで過ごします。

クルーズ ディナーテーブル

タキシードやイブニングドレスを切る外国の方々も多いのですが、一般的にはそこまでしなくても大丈夫ですが、ちょっとお洒落してはいかがでしょうか。

目安としては、結婚披露宴に参加するようなスタイルですが、女性は和服も人気ですよ。

食事やイベントのほとんどが無料

客船の船内では、クルーズ代金に宿泊料はもちろんのこと、食事代や船内イベントの参加もほとんどが無料です。

イベントには、シアターのショー、コンサート、各種講座などがあります。

一部のラグジュアリーな船では、オール・インクルーシブと言って、これらに加えてお酒やチップなどもすべてを含むこともあります。