クルーズ客船は、写真などを見てもどれも同じような感じを持ちます。

しかし、同じ期間クルーズをしても、その料金にはかなりのバラつきがあります。

それは、クルーズ客船にはおおまかに言って、サービスレベルでは、ラグジュアリー、プレミアム、カジュアルクラスの3通りのクラスに分類できます。

わかりやすく日本流に言えば、松竹梅のランク分けです。

ただし、最近のクルーズ客船は、単純に3つに分けられなくなってきており、かならずしもラグジュアリーがすべて最高級のサービスとも限りません。
 

◯ ラグジュアリークラス Luxury Class

3つのクラスの中では最上級です。

よりパーソナルな最高のサービスを受けるのですから、料金も最も高くなります。

バスなどのアメニティなども「エルメス」や「ブルガリ」などの一流ブランドが用意されます。

食事のテーブルも自由席制(フリーシーティング)となり、どこの席にも座れます。

供される料理も、基本的にはシェフの手作りでインスタント食品などは使用せず、最高級のものです。

船内は、大人好みの落ち着いた雰囲気が醸し出されており、最高級ホテルの感覚で優雅なクルーズライフを楽しめます。

一般的には、小型客船、中型客船が多く、カリブ海などの15万トンを超える巨大クルーズ船は該当しません。

乗客の数が少ない割には、船のスタッフの数が多く、乗客の名前を覚えていてくれます。

料金制は、オールインクルーシブが多く、船内のチップやアルコールも含んでいます。

また、他のクラスに比べてドレスコードもよく守られます。

このクラスの利用者は、クルーズ人口の約5%です。

乗員乗客比率 約1.6人 乗客一人当たりの総トン数:約62トン

◯ 代表的なクルーズライン

キュナードライン
シルバーシークルーズ
クリスタル・クルーズ
シーボーンクルーズ

◯ プレミアムクラス Premium Class

ラグジュアリークラスとカジュアルクラスの中間に位置するクラスです。

食事、客室アメニティ、サービス、船の設備等はラグジュアリークラスほどではありませんが、そこそこのレベルを維持しています。

上級客室であるスイートには、バトラー(執事)がつくこともあります。

船内のインテリアは比較的落ち着いた雰囲気で、中型もしくは大型の客船がメインです。

食事のクオリティやショーなどにもこだわりがあります。

ドレスコードもありますが、最近は「フォーマル不要」と言うクルーズ会社も増えてきています。

このクラスの利用者は、クルーズ人口の約10%です。

乗員乗客比率 約2.0人 乗客一人当たりの総トン数:約45トン

◯ 代表的なクルーズライン

プリンセスクルーズ
ホーランドアメリカライン
セレブリティクルーズ

◯ カジュアルクラス Casual Class

現在のクルーズの主流がこのクラスです。

理由は、乗船料金が比較的安く、シンプルな食事、客室アメニティ、サービスなどが提供されます。

よりコストを下げるため、大型客船を利用しています。

ある意味、大衆化路線で、あらゆる階層に対応できるようにしており、特に子供向けプログラムが充実しており、ファミリーには最適です。

ドレスコードも比較的緩めにしています。

クルーズ人口の実に85%が利用しています。

乗員乗客比率 約2.5人 乗客一人当たりの総トン数:約35トン

◯ 代表的なクルーズライン

ロイヤル・カリビアン
コスタクルーズ
カーニバルクルーズ
ディズニークルーズ
MSCクルーズ
スタークルーズ

オアシス・オブ・ザ・シーズ
オアシス・オブ・ザ・シーズ Photo by Nick Hobgood
 

◯ クルーズ初心者はどのクラス?

ラグジュアリークラスからカジュアルクラスまでありますが、じゃ、クルーズ初心者はどのクラスからクルーズをはじめたらよいか迷うと思います。

特に希望がなければ、1週間程度のカジュアルクラスか、プレミアムクラスなどはいかがでしょうか。

日本発着のクルーズであれば、往復の飛行機がないので、時間的にも経済的にも1週間程度でもクルーズが楽しめます。

ここでクルーズの一般的なものを体験し、次回は料理をメインとしたり、オプショナルツアーを充実させたり、客室ももっと広いほうがいいなと判断がつくようになります。