ついに、飛鳥Ⅱのクルーズに乗船してきました。

クルーズ名は、「飛鳥Ⅱ 博多発ハロウィーンワンナイトクルーズ ~岩国・広島~」です。

クルーズ日程は、10月31日(木)の午後5時に博多港を出港し、11月1日(金)の午後12時30分に岩国寄港、同日午後5時に広島港着です。

利用したキャビンは、Kステートです。料金は、50,000円と最安の価格です。視界不良のキャビンですが、慈済に使用した部屋は、救命艇のちょうど合い中で、眺めもそんなに悪くはありませんでした。

ちなみに、このワンナイトクルーズではキャビンの料金は次のようなものでした。

Kステート Fステート Eバルコニー Dバルコニー Cスイート Aアスカスイート ロイヤルスイート
50,000 60,000 70,000 72,000 110,000 140,000 250,000

博多港を出港して博多港に帰港するクルーズならばよいのですが、広島港で下船ですから、クルーズ代金に、広島から福岡まで帰る新幹線代が余計にかかりました。

博多湾の飛鳥Ⅱクルーズ当日、博多湾を航行する飛鳥Ⅱ

クルーズ代金の5万円には、夕食、昼食、朝食や間食、ティータイムの飲食、プロダクションショー、ダンスパーティ、ビンゴ大会などのイベント、スパ、トレーニングジムなどの施設の利用料などが含まれており、船内でお金を使うのはエステやアルコール代金くらいなものです。

15時20分頃、博多港国際ターミナルで乗船券を提示して、乗船証を受け取り飛鳥に乗船しました。

飛鳥Ⅱのデッキ飛鳥の最上デッキ

夕方、17時頃出港し、17時30分から5デッキのフォーシーズン・ダイニングルームでディナー。

食事後は、5デッキのギャラクシーラウンジで、歌と踊りのプロダクションショーを鑑賞。

午後10時30分頃に関門海峡の関門橋の下を通過しました。

飛鳥Ⅱの船長飛鳥の船長

その後キャビンで就寝しました。

午前6時頃起床し、デッキで瀬戸内海の朝日を見た後、11デッキのリドカフェで洋食の朝食。

午前10時からは、6デッキのギャラクシーラウンジでビンゴ大会に参加し、運よく飛鳥の特製スリッパをゲットしました。

岩国港の飛鳥Ⅱ岩国港の飛鳥Ⅱ

お昼には、5デッキのフォーシーズン・ダイニングルームで和式の釜揚げうどんとミニ鉄火丼で昼食をいただきました。

午後12時30分~午後2時まで岩国港に寄港しました。

その後は、6デッキのビストロでティータイムしたり、11デッキのパームコートでピアノを聞きながらケーキと紅茶をいただいたりしました。

午後5時ころには、ベタ凪の広島港に入り下船となりました。

飛鳥Ⅱのレセプション飛鳥Ⅱのレセプション

初めてのクルーズ体験でしたが、大変満足できるものでした。

もちろん、1泊2日の福岡から広島旅行と見れば、割高なものですが、飛鳥のキャビンや施設、食事、ショーなどのイベントなどを総合的に考えればコストパフォーマンスは大変良いものです。

また、私自身、ヨットに乗るなど海にも大変関心が深いものがあり、玄界灘、関門海峡、瀬戸内海などを航行するのも大変貴重な体験となりました。