旅行会社のH.I.S.が、シニア世代を対象に「クルーズ旅行」についての意識調査を行いました。

調査の実施は、2013年7月16日と17日に、年齢が50歳から69歳の男女に対して、H.I.S.のシニアを対象とするウェブマガジン「大人の趣味旅Magazine」で行われました。

以前は、高級で高価格のイメージが合ったクルーズ・船旅ですが、行く希望があるかどうか質問したところ、年収200万円未満の57.2%、200万円~300万円未満の62.5%、300万円~500万円未満の55.8%、500万円~1000万円未満の64.6%、1000万円以上の66.7%が「行ってみたい、また行ってみたい」と答えました。

このことから全てのシニアの収入階層でも、50%以上がクルーズに関心を持っていることが判明しました。

クルーズの同行者については、約75%の人が配偶者と、約24%の方々が子どもとと回答しました。

クルーズで楽しみにしたいことは、ゴージャスな食事や高級ホテルのような設備とし、回答のトップは、美しい景色、71.3%となりました。

クルーズに支出する1人当たりのお金についても、「5万円未満~20万円未満」とした方が55%で、このことからもクルーズの低価格化に付いての需要が伸びている理由が分かります。

同じお金を使って旅行に出かけるなら、飛行機かクルーズのどちらを選びますかという質問については、66%のシニアがクルーズにするとしました。

その理由は、「クルーズは、飛行機と異なり移動中ものんびりできる」、「飛行機にはない、クルージングレジャーの楽しみを満喫したい」などと、クルーズには移動中にのんびりと普通の日常とは異なる経験をできることが特に魅力であるという声が多くありました。

2013年は、外国クルーズ船の日本発着のクルーズが安価に楽しめるツアーが大幅に増加していることから「クルーズ元年」友言われています。

調査を実施したH.I.S.でも、5月の連休時に6,000人以上の参加があったチャータークルーズを実施しました。

さらに、今年の夏から秋にかけては、イタリア船籍の大型外国客船によるチャータークルーズ合計6本が就航するほか、2014年4月にはプレミアムクラスのクルーズ客船「フォーレンダム」号によるチャータークルーズの新たなツアーを企画し行う予定となっています。