2013年に引き続き、2014年も多くの日本発着クルーズが行われる予定です。

史上最多の7隻が53本ものクルーズが予定されています。

プリンセス・クルーズ

その中で注目すべきなのは、プリンセス・クルーズです。

2013年から日本配船をしていますが、これが好調だったこともあり、2014年はダイヤモンド・プリンセスとサン・プリンセスの2隻で日本発着クルーズをします。

旅行会社のチャーターと合わせると43本ものクルーズを予定しています。

もともと外国船ですので、日本船にはないゴージャスな雰囲気があり、さらに日本語スタッフの増強、日本食の提供と日本人向けのサービスも充実させてきます。

また、ソフト面だけでなく、船内の大規模改装により日本人好みの大浴場、寿司レストランを新設します。

このようなことをする外国クルーズ船会社はなく、いかにプリンセス・クルーズが日本のマーケットを重く見ているかがわかります。

セレブリティクルーズ

カリブ海などに超巨大クルーズ船を運行しているロイヤル・カリビアン・インターナショナル社の上位ブランドです。

阪急交通社のチャーターで「セレブリティ・ミレニアム」が初の日本発着を2014年に横浜港発着クルーズに就航します。

また、「セレブリティ・センチュリー」も2015年に横浜港発着クルーズが予定されています。

カジュアル船からプレミアム船へ

今まで日本発着クルーズは、コスタ・クルーズやロイヤル・カリビアン・インターナショナルなどのカジュアル客船が主流でした。

しかし、近年、プリンセス・クルーズやセレブリティクルーズなどのプレミアム客船も登場してきています。

このことは、クルーズ乗客の選択肢も広がり、また、より多くのクルーズ利用者が増えるものと期待されています。