2014年2月13日のニュースで、キュナードは名門ジャズレーベルの「ブルーノート Blue Note」のアーチストが同社の大西洋横断のクイーン・メリー2に乗船することになりました。

キュナード社のクイーン・メリー2には、30カ国以上のゲストが乗船しており、同船のエンターテインメントについては、多様な乗客のニーズに応えられるように企画されていました。

英国船の伝統を守りながらも、タイミングの良い質の高いエンターテインメントになっています。

現在では、多くの船会社が止めている、ライブ演奏ですが、キュナードではオーケストラ、カルテット、ジャズトリオ、ピアニスト、寄港地の地元バンドなどによりどこのクルーズでも生演奏を楽しめるようにしているところです。
 

キュナード クイーン・メリー2 大西洋横断クルーズのブルーノートバンドについて

クイーン・メリー2の大西洋横断クルーズにブルーノートが乗船するのは、ブルーノートの75周年を記念するものです。

詳細は次のとおりです。

  • 出発日 2015年10月29日
  • 出港地 アメリカ・ニューヨーク
  • 到着港 イギリス・サウサンプトン
  • クルーズ期間 8日
  • 乗船するブルーノートオールスターバンドのメンバーは次の通り
  • ロバート・グラスパー Robert Glasper ジャズピアニスト
  • ケヨン・ハロルドKeyon Harrold トランペット奏者
  • マーカス・ストリックランド Marcus Strickland サックス奏者
  • ライオネル・ルイケ Lionel Loueke ギタリスト
  • デリック・ホッジ Derrick Hodge ベーシスト
  • ケンドリック・スコット Kendrick Scott ドラマー

なお、このクルーズには、ブルーノートのドン・ウォズ社長も乗り込み、プロデューサーでもあるので、乗客とのQ&Aセッションを設け、ブルーノートのキャリアなどを語る予定です。

ブルーノートについて

ブルーノートは、アメリカのニューヨークのグリニッジビレッジにあるジャズクラブです。

1981年に開業し、日本にもブルーノート東京とブルーノート名古屋があります。
ブルーノート大阪とフルーノート福岡もありましたが、今は閉店しました。

ブルーノート東京では、お食事をしながら間近にジャズの有名アーチストの演奏を楽しむことができます。

ブルーノート BlueNote
ブルーノート Photo by Angelo Amboldi
 

クイーン・メリー2について

クイーン・メリー2 Queen Mary2
クイーン・メリー2 Photo by Adriano Rotolo

総トン数 148,528トン 就航年 2004年 全長 345m 全幅 41m
航海速力 29ノット 乗客定員 2620人 乗組員数 1254人 船籍 英国

14万トンもありながら、航海速力が約30ノットと世界最高高速クルーズ船です。

英国の客船の伝統に従い、ダイニングはクイーンズ・グリル、プリンセス・グリル、ブリタニアと3つに分かれ、客室によってダイニングが異なるという階級制があります。

また、英国式パブである「ゴールデン・ライオン・パブ」、海図のある「チャートルーム」、「シャンパンバー」などはクイーンエリザベス2の伝統を受け継いでいる施設です。

また、洋上で最大規模の舞踏会場、「ボールルーム」やプラネタリウムなどのエンターテインメント施設も充実しています。