2016年3月22日~23日にいよいよクイーンエリザベスが大阪に寄港します。

大阪は初寄港ですのでクルーズファンともども盛り上がることまちがいなしです。

今回の日本寄港は2016年のワールドクルーズの一環です。
明日の大阪寄港でクイーンエリザベスに乗船することは不可能ですが、来年のワールドクルーズで神戸から香港まで乗船してみませんか。

神戸から乗船して、香港までクルーズして帰りはキャセイパシフィック航空直行便で関西国際空港まで帰ってくるツアーで、料金も289,900円~ですから私でも乗れる料金です。
しかも、上海寄港では市内観光と「南翔饅頭店」の小籠包と点心料理、香港では早朝に入港し、帰国の飛行機が16時半頃ですから、その間は香港観光や広東料理のグルメも楽しめます。

ちょうど1年先の話ですが、クルーズの予約というものは早過ぎるということはありません。
特に、クイーンエリザベスの日本発のクルーズは、大人気ですのでぐずぐずしていると客室が次々とうまっていきますから。

クイーンエリザベス Queen Elizabeth について

総トン数 90,901トン 就航年 2010年 全長 294m 全幅 32m
航海速力 21ノット 乗客定員 2,172人 乗組員数 1,005人 船籍 バミューダ

キュナード・ライン Cunard Line について

キュナードホワイトスター
Photo by GALERIE ESTAMPE
クイーンエリザベスを運航しているのは、キュナード・ラインです。

キュナード・ラインの創業は、1835年カナダ人のサミュエル・キュナード氏等が設立した大西洋横断の郵便輸送会社です。
同社は、英国王立郵便輸送を任ぜられました。

1840年には、同社の「ブリタニア」がイギリス・リバプールからカナダのハリファックスまで航行して以来、大西洋横断航路に次々と「クイーン・エリザベス」、「クイーン・メリー」などを就航させ、大西洋の客船時代を築きました。

同社は、あの有名な「タイタニック」で知られるホワイト・スター・ラインを統合し「キュナード・ホワイトスター・ライン」と1934年から1949年までは称していました。
このため、クイーンエリザベス等の船内サービスを「伝統のホワイトスターサービス」と呼んでています。

右のポスターは、キュナード・ホワイトスター・ライン時代のもので、船はクイーン・メリーです。

クイーンエリザベスの概要

世界で最も有名な豪華客船が、クイーンエリザベスです。

2008年に引退した「クイーンエリザベス2」の船名を引き継ぎ、2010年に就航しました。

内装は、初代のクイーンエリザベスに敬意を表して、アールデコ調を現代的にアレンジしています。
船内のエンターテインメントでも、初代が就航していた1930から1940年代の音楽やダンスなでも披露されます。
このようなことにより、豪華客船黄金期の雰囲気が醸し出されています。

クイーンエリザベスだけでなく、キュナード社の客船は客室のカテゴリーによってダイニングが分かれるという伝統的な「等級制」が取られています。
ただし、食事以外のサービスは等級には関係しません。

グルメについては、2009年、レストランガイドの「ザガットサーベイ」が初めて行ったクルーズライン評価では大型客船部門の総合1位を受賞しました。

クイーン・エリザベス 神戸~香港アジアクルーズ7日間について

このクルーズツアーのおすすめポイント

  • 2016年5月31日17:30までに予約すると早期予約割引で1人1万円引きとなります。
  • 世界一有名な豪華客船クイーン・エリザベスで6泊7日の船旅ができます。
  • 関西・神戸港からの出港で、しかもおてごろ価格で乗船できます。
  • 添乗員が同行し、船内には日本人ホステスも乗船予定です。
  • 香港から関西国際空港までの空路はキャセイパシフィックの直行便です。
  • 乗船中1回スペシャリティレストラン「ザ・ベランダ」でのお食事に招待されます。ただし、日時は指定できません。
  • 上海では、市内観光とともに名店「南翔饅頭店」で小籠包をはじめとする点心料理のランチをお楽しみください。
  • 香港では、市内観光とともに広東料理の昼食をご堪能ください。
  • 往復:スーツケース無料宅配サービスがあります。1人1個でサイズの制限があります。
  • 1人1個、クルーズカードを収めるパスホルダーがプレゼントされます。

このクルーズの概要

クルーズ・ツアー名 Crystalheart【クイーン・エリザベス】神戸~香港アジアクルーズ7日間
取扱旅行社 阪急交通社 クリスタルハート
船名 クイーン・エリザベス
出発日 2017年 3/20(月)
日数 7日間
飛行機発着 香港空港発 関西国際空港着 キャセイパシフィック直行便
クルーズ発着港 神戸港発 香港着
料金 289,900~709,900円
添乗員 同行します。さらに船内には日本人ホステスも乗船予定
旅程 神戸 ~ 上海 ~ 香港 ~ 関西国際空港
2017年
3/20
(月)
神戸

  • 午後 クイーン・エリザベス乗船
  • 21:00 神戸出港
3/21
(火)
終日クルーズ

3/22
(水)
終日クルーズ

3/23
(木)
上海

  • 05:00 上海入港
  • 午前 上海市内観光 豫園、豫園商場、上海老街、南京路散策、上海ヒルズ100階展望台
  • 昼食 名店「南翔饅頭店」で小籠包をはじめとした点心料理
  • 23:59 上海出港
3/24
(金)
終日クルーズ

3/25
(土)
終日クルーズ

3/26
(日)
香港~関西国際空港

  • 06:30 香港入港。
  • 下船
  • 午前 香港観光 レパルスベイ、天后宮、セントジョーンズ教会、2階建て路面電車乗車体験
  • 昼食 中国4大料理のひとつでもある広東料理
  • 16:25 香港空港発 キャセイパシフィック航空直行便にて帰国の途へ
  • 21:10 関西国際空港着

このクルーズの空き室状況確認と予約はオンラインで手軽です。

基本的には、クイーン・エリザベスのクルーズツアーと言っても普通の外国旅行と同じでインターネットで自宅から空き状況確認と予約が手軽にできます。

客室カテゴリーについて

その前に、クイーン・エリザベスの客室カテゴリーを紹介しておきます。
5つの客室タイプがあり、クルーズ料金も異なりますし、クイーン・エリザベスの特色であるカテゴリー別に食事をするメインダイニングも違います。

また、キュナード社は、クイーン・エリザベスの客室を歩いているように体験できる客室バーチャルツアーを提供していますのでご覧ください。

クイーン・エリザベス客室バーチャルツアー

「Grand Suite Living Area」のところに下向きの矢印がありますので、そこをクリックするとずらずらとメニューが出てきます。

「海側」⇒ 「Oceanview」
「海側バルコニー」⇒ 「Balcony」
「プリンセススイート」⇒ 「Princess Suite」
「ペントハウス」⇒ 「Penthouse Living Area」、「Penthouse Bedroom」

空き室状況確認と予約の仕方

空き室状況の確認と予約は、比較的簡単です。

下のカテゴリー客室の料金をクリックすれば、阪急交通社のサイトに行きますので、ページの中間くらいにある赤いボタンの「予約する」を押し、参加人数の入力後、「検索」ボタンをクリックしてください。

そうすると各客室カテゴリーごとの空き状況が分かりますし、ガイドのとおりに入力していけば予約できます。

2017年3月20日(月)~3月26日(日) クイーン・エリザベス 神戸~香港アジアクルーズ7日間の料金
海側
約17~19平米

(シャワー付)

海側バルコニー
約23平米

(バルコニー・シャワー付)

プリンセススイート
約31~32平米

(バルコニー・バスタブ付)

ペントハウス
約47平米

(バルコニー・バスタブ付)

ブリタニア・レストラン(利用レストラン) プリンセスグリル クイーンズグリル
・層吹き抜けの壮大な造りにグランド・ステアを擁する船内最大のレストランです。
・夕食のみ座席指定で2回制となります。
・コンシェルジュサービス
・ウェルカム ・ドリンク
・1回制のお食事
・バトラー(執事)サービス
・コンシェルジュサービス
・カナッペサービス
・ウェルカムシャンペン
・1回制のお食事
クルーズ・ツアー名 Crystalheart【クイーン・エリザベス】神戸~香港アジアクルーズ7日間