「歌声喫茶」と言うものをご存知でしょうか。

この言葉をご存じの方は、シニア世代だと思います。

歌声喫茶について

歌声喫茶とは、お客の全員が合唱することを前提とした喫茶店のことです。

若い世代にはなんだかキモいと思われるかもしれません。

スポンサードリンク
[gads]

しかし、1955年前後から1970年代まで、日本の都市で流行しました。

普通、歌声喫茶店にはリーダーがいて、そのリーダーが音頭を取って客も一緒に歌います。

歌声喫茶

伴奏は、ピアノやアコーディオンなどで、大型店舗では生バンドも入っていました。

歌われる楽曲は、ロシア民謡、唱歌、労働歌、反戦歌、歌謡曲などで独特の雰囲気がありました。

全盛当時の歌声喫茶の画像はほとんどありませんが、当時歌声喫茶で歌っていた方々の動画があります。

当時は、もちろん若い人たちが主役でした。

最も有名な歌声喫茶が、1955年、東京・新宿にオープンした「カチューシャ」、「灯(ともしび)」でした。

このような店名からも、当時はロシア民謡が主力であったことがお分かりだと思います。

当時の世相は、学生運動、労働運動も高まってきており、連帯感をもたらす歌声喫茶は人気が急上昇し、さとう宗幸さん、上條恒彦さんなど店の看板リーダーは、プロの歌手となる人もいました。

しかし、1965年頃をピークとして、歌声喫茶もだんだんなくなり、代わって登場してきたのがカラオケスナック、カラオケボックスです。

これらの出現で、人前で歌うと言う欲求が歌声喫茶からカラオケと変わっていったものと思います。

コスタ・ビクトリアで新宿「ともしび」の出前歌声喫茶が開催

このようにシニア世代にとっては、「歌声喫茶」はとても懐かしいものです。

この歌声喫茶をクルーズプラネットでは、コスタ・ビクトリアのクルーズに東京・新宿の歌声喫茶「ともしび新宿店」から乗船してもらい、「出前歌声喫茶」を開催します。

コスタ・ビクトリア CostaVictria
コスタ・ビクトリア Photo by 信瑜 陳

◯ 対象クルーズ

  • コース名:横浜港発着 日本再探訪! 花と自然の日本一周・ 釜山(韓国)クルーズ10日間
  • 期間:2015年5月9日~18日
  • 航程:横浜 石巻 函館 秋田 金沢 釜山 佐世保 大阪 横浜
  • 料金:189,000円~569,000円
  • 主催:クルーズプラネット
  • コース名:横浜港発着 済州島(韓国)・佐世保(長崎)・奄美大島クルーズ7日間
  • 期間:2015年5月3日~9日
  • 航程:横浜 終日クルーズ 済州島 佐世保 奄美大島 終日クルーズ 横浜
  • 料金:90,000円~398,000円
  • 主催:クルーズプラネット

クルーズ中、出前歌声喫茶は2回開催予定です。

実は、新宿ともしびは、次のように日頃から出前歌声喫茶を関東、中部を中心に頻繁に開催しています。

http://www.tomoshibi.co.jp/about/demae.html

その新宿ともしびとクルーズ・プラネットがタイアップして今回の出前歌声喫茶となりました。

クルーズ・プラネットとしても、同社のチャータークルーズの乗客の半数以上が60歳代以上のシニア世代で、シニア層が楽しめるイベントを企画したそうです。

ベストワンクルーズの割安料金ツアー

なお、同じクルーズツアーをクルーズ専門旅行会社ベストワンクルーズも実施します。

こちらのツアーでは、出前歌声喫茶には参加できませんが、料金がクルーズ・プラネット社のツアーよりもかなり割安ですので参考として紹介しておきます。

コスタビクトリア号で行く 日本再探訪! 花と自然の日本一周・釜山(韓国)クルーズ 10日間 -横浜港発着-

コスタビクトリア号で行く 済州島(韓国)・佐世保(長崎)・奄美大島クルーズ 7日間 -横浜港発着-