2015年4月3日付、プリンセス・クルーズのプレスリリースによると名画「サウンド・オブ・ミュージック」をクルーズ中に上映することになりました。

サウンド・オブ・ミュージックについて

なぜ、サウンド・オブ・ミュージックが上映されるのかというと、プリンセス・クルーズが操業50週年を迎えるとともに、サウンド・オブ・ミュージックも50年前に公開されたからです。

1965年に公開されたサウンドオブミュージックは、大ヒットとなり、アカデミー賞も「作品賞」をはじめとして5部門で受賞となりました。

映画のストーリーは、スパルタ式で子どもたちを育てるトラップ大佐の屋敷に雇われた教育係の元修道女が大佐と結婚しますが、ナチスドイツの迫害から逃れてスイスへ山越えするものです。

ミュージカルですので、全編を通じて音楽が流れますが、「ドレミの歌」、「すべての山に登れ」、「私のお気に入り」などは有名で、ジャズなどにも取り入れられており、今でも世界中で演奏され、感動を与えています。

サウンド・オブ・ミュージック Sound of Music
サウンド・オブ・ミュージック Photo by Jose

トラップ大佐役のクリストファー・プラマーはオスカーを受賞していますが、とりわけマリア役であったジュリー・アンドリュースもオスカーを受賞し、その後もメリーポピンズなどで活躍しました。

プリンセス・クルーズのジャン・スワーツ氏によると「サウンド・オブ・ミュージック」は単なる名画ではなくて、家族みんなで楽しめる最高のエンターテイメントだそうです。

サウンド・オブ・ミュージックのCD・DVD・Blue-ray

プリンセス・クルーズとサウンド・オブ・ミュージックがともに50週年を迎えることから楽しくて思い出に残るような共同記念イベントを企画したそうです。

プリンセス・クルーズのサウンド・オブ・ミュージックの上映方法

2015年のプリンセス・クルーズの全クルーズのそれぞれ1回、各クルーズ客船のデッキに設置されている巨大なスクリーン「ムービー・アンダー・ザ・スターズ」で上映されます。

ムービーアンダーザ・スターズ
ムービーアンダーザ・スターズ Photo by Heather Cowper

他にも「プリンセス・シアター」でも歌詞字幕付きバージョンが上映されます。

なお、歌うことが好きなゲストは、「プリンセス・ポップ合唱団」版の「サウンド・オブ・ミュージック」の稽古に参加できます。

熱烈な「サウンド・オブ・ミュージック」のファンであれば、トリビアチャレンジでその知識を披露することも可能です。