個人自由クルーズ専門旅行会社ベストワンクルーズがまたまた、やってくれます。

ロイヤル・カリビアン・インターナショナル社のアジア最大の客船、ボイジャー・オブ・ザ・シーズ Voyager of the Seas による成田(羽田)発着航空券付きで香港からの台湾・高雄ショートクルーズ3泊4日を78,000円~で提供しています。

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ
ボイジャー・オブ・ザ・シーズ Photo by Maritime Texas

このツアーは、ベストワンクルーズ10周年記念の第9弾激安ツアーです。

しかも嬉しい事に、関東圏だけではなくて関空、中部空港、福岡空港発着のコースも用意されており、それぞれ次のリンクから問い合わせ・予約ができます。

直行便利用 台湾(高雄)ショートクルーズ 5日間 -関空発着-
直行便利用 台湾(高雄)ショートクルーズ 5日間 -中部発着-
直行便利用 台湾(高雄)ショートクルーズ 5日間 -福岡発着-

ちょうどその時、香港にいる方や航空券は自分で手配するのでクルーズのみ参加したい方にも激安の価格です。

台湾(高雄)ショートクルーズ 3泊4日 -香港発着-

普通この手の激安ツアーは、香港発着のクルーズのみですが、このツアーは成田(羽田)~香港往復の航空券付きですから、まさに激安と言えましょう。

これら4本のコースを全部紹介したいのですが紙面に限りがあるので、成田(羽田)発着コースを例にもう少し見てみましょう。

ただし、良いことばかりではありません。当然、78,000円の最安料金は内側で窓のないキャビンと思います。
これじゃかなわんという方は、もう少し踏ん張れば客室のクラスも上げられます。

部屋タイプ 旅行代金 参考
内側 78,000円~ ボイジャー・オブ・ザ・シーズ 内側客室
海側 95,000円~ ボイジャー・オブ・ザ・シーズ海側客室
海側バルコニー 105,000円~ ボイジャーバルコニー
ジュニアスイート 125,000円~ ボイジャージュニアスイート

ベストワンクルーズのサイトには書いていませんが、これは当然1室を2人使用の一人あたり料金だと思います。

また、この料金に別途、クルーズ諸税・航空券諸税・航空燃油サーチャージが1人で合計36,000円目安かかりますので、78,000円と言っても合計すると114,000円くらいになります。

予約申込みの限定期間が、ベストワンクルーズらしく、7月22日までと7月31日までの2つ記載されていますが、7月31日まで大丈夫でしょう。

ベストワンクルーズ10周年記念第9弾 ボイジャー・オブ・ザ・シーズ航空券付き激安ツアー
次に、成田(羽田)発着の日程を見てみましょう。

月日 行程 入港 出港
8/15
  • 成田または羽田空港(9:00~18:30)より、直行便にて香港へ。
  • 香港到着後、自由行動
  • ホテル泊(別途手配)
8/16
  • ホテルチェックアウト後、自身で港へ移動
  • ボイジャーオブザシーズ乗船
  • 香港出港
17:00
8/17 高雄 13:00 22:00
8/18 終日クルージング
8/19
  • 香港
  • 下船後、自身で空港へ移動。
  • 香港空港出発(13:00~17:00)
  • 成田・羽田空港ご到着(20:00~22:00)
7:00

 

このツアーは初心者向きではありません。

それと私は、これが最大のネックではないかと思うのが、成田または羽田から飛行機で香港に到着後、自分でホテルまで行かなくてはならないし、このホテル自体が自分で手配することになっています。

つまり、この部分の費用をさらに負担しなくてはなりませんし、予約もしなければなりません。
ベストワンクルーズに言えば、これらのホテルの手配もしてくれるとは思います。

ただ、基本的には、航空券付きクルーズのみのツアーで、航空券とクルーズのe-ticketを渡されて、後はご自分で自由にどうぞといったスタイルです。

普通のツアーのように、現地の飛行場で現地ガイドがホテルまで案内し、ホテルからボイジャー・オブ・ザ・シーズまで随行してくれるわけではありません。

従って、このツアーは、英語もほとんど得意でない方、添乗員やガイド付きでない外国旅行が初めての方はかなりハードルが高いと思います。

逆に言えば、ある程度外国の一人旅ができる方には、この価格ですから大変魅力的です。
私は、クイーン・エリザベスのクルーズに行ったばかりですから、当分おとなしくしなければなりませんが、そうでなければマジに検討します。
飛行機の時間によっては、香港観光を楽しむのも可能性がありますから。
飛行機付きで3泊4日の外国クルーズは、通常ではこの価格はありえません。

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ Voyager of the Seas について

総トン数 13万7276トン 就航年 1999年 全長 310m 全幅   48m
航海速力 22ノット 乗客定員 3,114人 乗組員数 1,176人 船籍 バハマ

ボイジャー・オブ・ザ・シーズは、少し前はアジアに就航している最大の客船として知られていました。

1999年の就航当時には、タイタニック号の4倍、クイーン・エリザベスの2倍の大きさで史上最大の客船として脚光を浴びました。

現在では、同じロイヤル・カリビアン・インターナショナル社の保有ですが、22万トンのアリュール・オブ・ザ・シーズなどが次々に登場してちょっと精彩に欠けるような感じですが、それでも14万トン近くもあるのですから堂々とした船です。

特に、ロイヤル・プロムナードと呼ばれる長さ122mもあるメインストリートには、一流ブティック、カフェ、バー、カジノなどがずらりと勢揃いしていて圧巻です。

また、ロッククライミングの壁、洋上初のスケートリンクがあり、プロスケーターの織田信成選手のスケート教室なども開催されています。