女性のための船旅に似合うファッション 3日目

クルーズに参加する女性のためのファッション記事を次の通り2回書いてきました。

女性のためのクルーズのファッション・ワードローブはこれ! 飛行機内と1日目

女性のためのクルーズの着こなし 2日目

今回は、いよいよ3日目で最終回となります。

参考にしているのは、前2回同様で、2014年5月発行の「セッテ・マーリ Sette mari 2」に登場する世界各国のクルーズの経験豊富なクルーズコンシェルジェである保木久美子さんと同誌の編集長・ファッションディレクター千場義雅氏のクルーズ・ファッションを参考としています。

ギリシャ・サントリーニ島での3日め

今回の設定は、地中海~エーゲ海7日間クルーズの3日目で、ギリシャのサントリーニ島に寄港しています

サントリーニ島は、地中海・エーゲ海クルーズでは最も人気のある観光スポットです。

まぶしい白壁の家々と青いドームの教会が島の上の方に並んでいる美しい島です。

クルーズ船は、島の沖の方に停泊し島には小型のボートで渡ります。

サントリーニ島
サントリーニ島 地中海 Photo by Aitor Garcia Viñas

 

3日目の朝  爽やかな朝は、白の麻素材のワンピースで

心地よい太陽の光が射しこんでくる朝は、真っ白なコットンのワンピースで、明るくてさわやかな雰囲気に。

冷房の対策にカーディガンを肩に。

アイテム
価格
イメージ
「カルティエ」のダイヤモンド一粒ピアス 213,840円
要するに、このカルティエのダイヤモンドピアスは、つけっぱなしでもOKということです。
ステラ K カシミヤワンボタンカーディガン 62,640円
このカーディガンはエアコンの効きすぎに備えています。。
「ペッレ モルビダ」の腕時計 71,280円
白いワンピースには、白いベルトの腕時計を
「セオリー」のワンピース 27,480円
100%コットン素材で明るい朝にピッタリの白です。
「エルメス」のHサンダル 17,900円
船の中でゆっくりと過ごすにはサンダルが一番です。ワンピースに合わせてサンダルも白に。

 

3日めの昼  ホワイト✕ブルーでギリシャ・サントリーニ島の風景に溶け込む

サントリーニ島の散策には、パンツスタイルが便利です。

サントリーニ島の家々の白壁と教会の青いドームに合わせてコーディネート。

アイテム
価格
イメージ
「カルティエ」のダイヤモンド一粒ピアス 213,840円
3日目の昼も、相変わらずこのカルティエのダイヤモンドピアスです。
「レイバン」のサングラス 11,000円
サントリーニ島は、陽射しが強い上に家の壁が白く反射が強いのでサングラスは必ず持っていくようにしましょう。
「オスカー デ ラ レンタ」のニット 266,800円
サントリーニ島の教会の青とコーディネートしたニットです。
STELLA K レザー&リネン混ショルダーバッグ 74,520円
ショルダーから下げられるバッグは、サントリーニ島の散策にも最適です。
「ヴィンス」のホワイトジーンズ 14,000円
サッパリとした高印象を与えるテーパードシルエットのホワイトジーンズです
「トッズ」のローファー 96,800円
軽くて履きやすく、サントリーニ島の散策にもピッタリなローファーです。

 

3日めの夜  素材に拘ったスマートフォーマル

船長主催のフォーマルナイト以外には、このような装いでも大丈夫です。

アイテム
価格
イメージ
「カルティエ」のダイヤモンド一粒ピアス 213,840円
3日目の夜のディナーも、このカルティエのダイヤモンドピアスです。
「ドルチェ&ガッバーナ」のシルクノースリーブTシャツ 71,118円
ロゴ入りのシルクのTシャツは、センスの見せ所でディナーやパーティでも大活躍です。
「エルメス」のケリーミニ 696,000円
エルメスのバッグ、ケリーミニがあればアクセサリーは必要ないかもしれません。ディナースタイルの定番です。
ザ・ロウ ストレート スカート 412,600円
ラムスキン製のミニスカートです。
「クリスチャン・ルブタン」のエナメルパンプス 58,000円
ディナーにも映えるエナメルの優雅な雰囲気のパンプスです。