前回の記事では、海外で割安にスマホを使えるようにするには、次の3つの方法があると説明しました。

  • ドコモなどの各キャリアが用意している海外用のパケット定額プランの利用
  • SIMフリースマホで現地のSIMに差し替えて利用
  • 海外でも使えるモバイルルーターの利用

結論から言うと、あまりWi-Fiなどに詳しくない方は、海外でも使えるモバイルルーターの利用が最も良いと思います。

ドコモなどの各キャリアが用意している海外用のパケット定額プラン

ドコモなどのスマホは、国内用ですので海外ではもちろん使えません。

そこで各電話会社は、自社のスマホが海外でも使えるようにしてくれます。

例えば、ドコモでは「海外パケ放題サービス」があります。

これは、最大1日 2,980円で海外でスマホが使えるようになるプランです。

申し込みは不要で、スマホの「データローミング」をオンにするだけです。

しかし、最大の弱点は、1日 3,000円近くですから10日で30,000円と結構高めです。

メリット
手続きが簡単
ルーターなどの機器を持参しなくて良い

デメリット
通信料金が高い
設定を間違えると高額請求の危険性がある。

SIMフリースマホで現地のSIMに差し替えて利用

これが一番安く済む方法です。

SIMフリーのスマホを持っていって、日本か現地で海外用のSIMカードを買い、スマホに挿入する。

もうこれだけで何のことやらでしょう。

安いけれども、知識がないと使えません。

メリット
料金が格段に安い。
高額請求の危険性がない。

デメリット
SIMフリースマホを用意しなければならない。
SIMカードの購入や入れ替え、設定をする必要がある。
海外SIMを入れると日本の電話番号が使えなくなる。

海外でも使えるレンタルモバイルルーターの利用

この方法が一番現実的です。

もちろん、ドコモ等の海外定額パケットが高いと思わない方はそれでもいいのですが、もう少し安く抑えたい方はこちらでしょう。

レンタル会社から、モバイルルーターを借りてそれを持って行き、現地ではモバイルルーターとスマホを接続してインターネットをするというものです。

モバイルルーターとスマホを接続する設定が必要ですが、それほど難しいことではなく、ルーターの説明書も付いてきます。

メリット
料金がそこそこで高額請求の危険がない。
スマホとの設定も比較的楽。
複数台一度に利用できる。

デメリット
ルーターを持ち歩く必要がある。
事前に申し込んでルーターを受け取り返却する必要がある。
料金は利用しなくても日数分かかる。

レンタルモバイルルーターならイモトのWi-Fi

海外Wi-Fiレンタル会社は、国内にいくつもありますが、クルーズ用なら「イモトのWi-Fi」をおすすめします。

クルーズ用のWi-Fiレンタルを選ぶ際にいちばん大事なのは、海外の寄港地で使えるかどうかです。

イモトのWi-Fiは、世界200以上の国と地域をカバーしていますので、通常のクルーズでは大丈夫です。

次に大事なのが安いかどうかです。
ただ、安ければよいだけでなく通信速度や利用可能データ量も考える必要があります。
この辺は、それぞれ比較する必要があります。

イモトのWi-Fi
料金 1日 680円~(定額:国数や地域により異なります。)
通信速度  4G/LTE
データ通信量 500MB/日

使い方の基本は次の動画をご覧ください。

動画では宅配での返却がありませんが、宅配での返却ももちろんできます。

イモトのWi-Fiのパックの内容

イモトのWi-Fiの詳細や申込はこちら イモトのWiFi