飛鳥Ⅱの2015年前期の日本発着クルーズが出揃いました。

2015年7月から約16本のクルーズツアを当サイトでは紹介しています。

これらのクルーズの内、私が注目しているクルーズを紹介します。

まず、飛鳥Ⅱで行く 夏の鳥羽クルーズ3日間 -横浜発着-です。

2015年7月20日、横浜港を出航し、伊勢志摩の鳥羽で猫白した後、横浜に戻ってくるクルーズです。

このクルーズの目玉が結婚30週年を迎えるご夫婦を対象とする鳥羽での真珠婚式ご招待です。
限定があり10組20名となっています。

鳥羽は、真珠で有名な場所ですが、この土地ならではのイベントです。

真珠王の御木本幸吉氏が、世界ではじめて真珠の養殖をしましたが、その成功の裏には妻・うめさんの献身と夫婦愛がありました。

そういうことから、2001年から真珠婚式を実施している鳥羽市観光協会と飛鳥Ⅱがタイアップし、クルーズ乗船客の真珠婚式招待となったものです。

過去数回、飛鳥Ⅱでは、真珠婚式ご招待を実施してきました。

飛鳥Ⅱクルーズの真珠婚式はどんな風?

当日は、飛鳥Ⅱからバスで「夫婦岩」の近くを通り、会場の鳥羽国際ホテルに向かいます。

このホテルの近くには、ミキモト真珠島があります。

ちなみに飛鳥Ⅱによる真珠婚式のドレスコードは、インフォーマルですが、ウェディングドレスとタキシードで出席するご夫婦が多数とのことです。

ホテルのチャペルでは、パイプオルガンの調べが響き、夫婦が腕を組んで入場し、一組づつ壇上に上がり、牧師さんから祝福を受けます。

また、真珠を育てるアコヤ貝にお互いの言葉を記してメッセージ交換をします。

祝福を受けた後は、チャペルを出る時に、パールシャワーを受けます。

そして、別棟会場の懇親会に向かいます。

懇親会上では、鳥羽市観光協会のスタッフによる進行で、鳥羽市観光協会会長の祝辞の後懇親会になります。

真珠婚式を迎えるご夫婦自身からの申込みもありますが、子供さんたちからクルーズと真珠婚式をプレゼントされた方も多くいらっしゃいます。

市街のホテルで真珠婚式をお祝いするのもいいですが、このように洋上から真珠婚式に行くというのもお洒落ですね。

結婚記念日や誕生日のサービス

ちなみに、通常の飛鳥Ⅱのクルーズでは、結婚記念日と誕生日なら夕食時に飛鳥Ⅱ専属バンドが生演奏で祝福してくれます。

結婚記念日の場合には、客室に飲み物を無料で用意してくれます。

誕生日の場合には、飛鳥Ⅱ特製のケーキをいただけます。

また、退職記念や就職祝いなどで乗船しても、ケーキ屋花束を手配してもらえますが、こちらは有料となります。