ボイジャー・オブ・ザ・シーズが、横浜港から韓国済州島や長崎に向けて次の通り5月1日に出港します。

このクルーズは、JTB旅物語でチャーター運航するもので、次のようなクルーズです。

ボイジャー・オブ・ザ・シーズで航く!ゴールデンウィーク憧れのクルーズ 済州島・長崎 6日間

  • 出発日 2015年5月1日(金)
  • 期間  5泊6日
  • 寄港地 横浜、済州島、長崎、横浜

残念ながら、JTBのサイトを見てみるとこのクルーズは、すでに売切れて受付終了となっているようです。

そこで、このボイジャー・オブ・ザ・シーズの出航を岸壁から見るのではなく、海の上から巨大客船を見ようという見学クルーズを同じJTBの旅物語のツアーがあります。

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ海上見学と横浜ベイクルーズ 日帰り

ご存知かと思いますが、近年、港に入っている海外の豪華客船を岸壁から見たり、写真を撮るのがブームとなっており、多くの人が詰めかけます。

特に、イギリスのキュナード・ラインのクイーン・エリザベスが入港すると横浜港に4万人以上もの人が集まったこともありました。

ボイジャー・オブ・ザ・シーズは、クイーン・エリザベスほどの知名度はないのですが、実は13万7000トンの巨大船であり、アジア最大のクルーズ客船と言われています。

どれくらい大きいかというと、あのタイタニックの4倍、クイーン・エリザベスの2倍もあります。

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ
ボイジャー・オブ・ザ・シーズ Photo by Maritime Texas

総トン数 13万7276トン 就航年 1999年 全長 310m 全幅   48m
航海速力 22ノット 乗客定員 3,114人 乗組員数 1,176人 船籍 バハマ

これほど大きな船であるボイジャー・オブ・ザ・シーズが、日本に寄港する機会もそう多くはなく、熱心なクルーズファンは言うまでもなく、それほど客船を見る機会がない一般のかたも、その大きさや豪華さをひと目見ようと桟橋に集まることが予想されます。

この混雑を尻目に、ゆったりと海上からこのクルーズ客船を見ようという言うのが今回の海上見学の趣旨です。

なお、混雑回避だけでなく、間近の海上から見上げる大型客船は、岸壁から見るのとはかなり違う迫力が感じられます。

また、横浜の風景を背景にいろんな角度から写真を撮影できるのも、カメラファンには大きな魅力となります。

なお、ボイジャー・オブ・ザ・シーズの日本発着クルーズリストは、次の通りでここから問合せや予約もできますので参考にしてください。。

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ海上見学と横浜ベイクルーズ 日帰り

  • アジア最大級の豪華客船ボイジャー・オブ・ザ・シーズの迫力が海上の間近から堪能できます。
  • 現地集合現地解散です。
  • 見学用のクルーズ船も旅物語貸し切りです。
  • 日時 2015年5月1日 15:15~17:30頃
  • 場所 横浜港
  • 料金 4,900円(大人こども同額)
  • 添乗員 同行します。