初めて、クルーズで出かけようと思っても、まず、迷うのはどこに行くのか、何泊くらいするのかが皆目わからず困ってしまうことが多くあります。

自分の行きたいところや会社の関係で泊まれる日数が決まっていればいいのですが、例えば定年退職後のシニアの方が夫婦連れでのんびりクルーズでもという場合は、クルーズでどこでもいけるし、泊数に制限のないこともあります。

そこで、考えるのは人並みのクルーズをしたいということでしょう。

また、泊数に制限はあるものの、そこそこ日程に余裕が取れる時方は、人気のエリアをクルーズしたいと思うでしょう。

クルーズ
イメージ Photo by Andy Beal

もちろん、クルーズを取り扱う旅行会社のホームページを見れば、いろいろなクルーズツアーを提案しています。

どれに決めたら良いのでしょう。

そんな時に、客観的な選択の指針となるものに官公庁が発表する資料があります。

官公庁の統計資料であれば、信頼できますし、クルーズツアー選択のガイドにも使えます。

そこで、国土交通省海事局外航課と港湾局産業港湾課が発表している「2013年の我が国のクルーズ等の動向について」の概要をお伝えします。

コメントは、私の私見ですのでご了承ください。

より詳細な情報は、http://www.mlit.go.jp/report/press/kaiji02_hh_000162.htmlをクリックしてください。

スポンサードリンク

日本人のクルーズ利用状況 2013年

2009年以降、着実に右肩上がりで利用者数が増えており、2015年にも多くの新建造の外国クルーズ客船も就航しますので、ますます増加するものと思われます。
 

日本人のクルーズ利用者数 23.8万人 前年比9.9%増 2.1万人増
外国船社の外航クルーズ 乗客数 13.8万人 前年比14.8%増 1.8万人増
日本発着外航クルーズ 利用日本人 18.5万人 前年比45%減 円安影響
利用外国人  6千人

地中海でクイーンエリザベス2に乗ったような日本人の数です。平均7泊ですから日本から行けば、これに行き帰りの飛行機の日数が加算されます。
ただし、アジアのクルーズが増加していますので、平均泊数は減少傾向になると思われます。
ちなみに、外航クルーズとは乗船地、下船地及び寄港地のいずれかに海外が含まれるものです。
プリンセスクルーズのように、日本発着、寄港地韓国などのクルーズは外航クルーズになります。
 

国内クルーズの外航クルーズ船は、飛鳥Ⅱ、にっぽん丸、ぱしふぃっくびいなすです。
外航クルーズは、89%が外国船の利用で、日本船は10%くらいです。
国内クルーズは、外国船社の運航船には認められていません。
日本人のクルーズ利用者の内、日本船を利用しているのは47%でわずかに半分になりません。
 

クルーズの方面別

外航クルーズ 日本船社運航船 15,300人 外国船社運航船 122,800人
国内クルーズ 外航クルーズ船 97,900人
日本籍船合計 113,200人

エリア別では、北欧・バルト海、地中海・エーゲ海そしてアジアで全体のシェアで80%近くになっています。
 

外航クルーズの泊数

欧州地域全体 59,000人 シェア 40.6%
 北欧・バルト海 30,000人 シェア 21.8% 前年比10.7%増
 地中海(エーゲ海・黒海) 24,000人 シェア 17.4% 前年比41.1%増
アジア 57,000人 シェア 40.4% 26.3%増
アラスカ  3,000人
カリブ海  3,700人
1泊 28,600人 20.7%
2泊 3,400人 2.5%
3~4泊 27,800人 20.1%
5~7泊 53,200人 38.6%
8~13泊 17,900人 13.0%
14泊~ 7,100人 5.1%
138,000人 平均泊数 7.4泊

 

日本船社による外航クルーズのエリア別

アジア 10,000人 68%
オセアニア・ミクロネシア 2,600人 17,7%
極東ロシア 1,200人 8.2%
世界一周 1,000人 6.8%

飛鳥Ⅱ、にっぽん丸、ぱしふぃっくびいなすの外航クルーズでは、やはり近場のアジア、オセアニア・ミクロネシアに集中しています。
 

国内クルーズの泊数

1泊 29,900人 30.5%
2泊 27,000人 27.6%
3~4泊 21,500人 22.0%
5~7泊 14,200人 14.5%
8~10泊 5,000人 5.1%
11泊~ 300人 0.3%
97,900人 平均泊数 2.9泊

国内クルーズでは、1泊から2泊で58%にもなりショートクルーズが最も利用の多いことが分かります。
特に、クリスマス時のワンナイトクルーズが盛況です。